10年分の

こんばんは。

昨日、一昨日と21時に就寝のらくだです。

朝が早かった為、仕方ないですね。

本日夕方、無事に岩手から帰ってきました。

会社の募集により陸前高田に3泊4日でボランティアに行ってきました。

疲れました。

あの震災からもうすぐで半年。

半年経っても同じ日本とは思えない光景に涙があふれてくる。





今まで味わった事のない恐怖、不安、怒り、失望。我慢・・・。

あの一瞬でこんなにも多くの苦しみを…。

あの日から今日までどんな思いでいたのか・・・

考えるだけで涙があふれてきた。

バスから見る風景。

自然の脅威とともにそこから立ち上がる人間の力、東北の復興力を感じた。





しかしその半面、震災当時から変わらずそのままの場所。





四階まで津波が来るなんて誰が想像したのだろうか・・・




一日でも早く元に戻る事を祈るだけ。

いま私に唯一できる事。


二日間、陸前高田の広田と言うところで作業をしました。

地元の方が震災の時の話や写真、みんなに伝えたい事を話してくれました。

ほんと辛い思いしたんですね。

この広田地区と言うのはリアス式海岸の半島に位置し、震災当日東と西、両方から津波が押し寄せ街の中心で津波がぶつかり波が巨大化し、多くの家が呑みこまれたそうです。

意味が分らん、想像がつかない。。。

津波のお陰で半島は水没し、四方は水に囲まれ孤立してしまい、支援物資もなかなか届かなかったそうです。

ボランティアも手か届かず地元の人たちで復興を進め、最近やっとボランティアが入るようになったそうです。

そんな中、今回の作業は海岸近くの田んぼの草刈りでした。

田んぼに大量のヘドロが押し寄せ畑のようになってます。

そしてここも震災から何も手をつけてない為、草が背丈ほど生い茂ってしまってます。



生活用品がたくさんでてきました。

体重計、お茶碗、瓦、ガスコンロ、電気ポット。

とにかくたくさん、たくさんいろんなものが出てきました。

悔しいだろうな・・・

あっという間に今まであった当たり前のものがなくなってしまったのだから・・・。

二日間、34名で頑張った結果、だいぶ綺麗になりました。




この雑草も一生懸命生きているのに刈ってしまうとは少し心苦しかった・・・。

だんご虫もばったもコオロギもみんなみんな一生懸命生きているんですね。

荒れ地に咲く一輪のひまわりも



東北のみなさんはもうすでに前を向いて歩いているんですね。





しかし、つらい思い、苦しい思いをしているのに、ボランティアの人に声をかけてきてくれる地元の人。

体調を気にかけてくたり、ありがとう、ありがとうと感謝の気持ちを伝えてくれたり、警察車両に深々と頭を下げている地元の人をみて、またこりゃ感動だよね。

私にはできんわ。きっとできない…

誇りに思うわ。改めて日本人でよかった。

そして、社名を一切公表しない会社の方針にも感動しました。

これからもなにが出来るか分らないけど自分の出来る事を長く続けて行きたい。

時間があればまた、ボランティアに行きたい。

あ~10年分の草刈した!
スポンサーサイト
プロフィール

らくだ23

Author:らくだ23
一人が好きで独りが嫌いです。

お酒を飲むと斑点がでます。

笑っちゃいけないときにわらっちゃます。

耳栓がないと寝れません。

いつもなんとかなると思ってます。

高所恐怖症です。

寝るときはうつぶせです。

すぐ、体調が悪くなりトイレとお友達になっでしまいます。

やりたい事がいっぱいです。
死ぬまでにやりたい100の事(100超えてしまってます笑)

趣味:山登り、島巡り、一人旅
過去の旅

特技:ソフトボール
チームを作り今も続けています。
いっつめん




Instagram

Twitter
Instagram
Powered by 複眼RSS
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR