屋久島の旅 2日目

屋久島の旅、二日目!

この日は念願の縄文杉に会う為、片道10キロの登山。

朝、四時半。

宿の目の前にあるバス停から登山口に向かう。

まぁ~星がきれいなこと。

流れ星も凄い。

こんなんじゃ、願い事を箇条書きに書いてくんだったな…。

残念ながら写真は撮れなかった。

バスにゆられ一時間くらいで屋久島自然館に到着。

自然保護の為かここからはバスでなければいけません。
臨時のバスが出ているもののなかなか来ません。

ここで30分程待たされました。





朝ごはんを食べる人。

地図を見る人。

寝てる人。

たくさんの人がいました。

そして再びバスに乗りいろは坂並の山道に揺られること40分。

登山口である、荒川登山口に着きました。





6時位だというのに人がいっぱい。

みんなガイドさんと一緒でちょっと焦る。

軽くストレッチをしていざ出発!





このトロッコ道を約8キロ歩きます。

一見歩きやすそうに見えるが、実際は枕木との歩幅が合わず何気にストレスを感じる。

途中、ガイド連れのグループに紛れ込みガイドさんの情報を盗み聞き(笑)





出発して45分で小杉谷の分岐点に着く。

テントやら重装備を担いでコースタイム通り。

なかなかのペース。

ここから線路の真ん中に踏み板?が設置されており格段に歩きやすくなる。





途中、橋を何個か渡った。

柵がついている橋は安心して渡れるが幅が狭くて柵がない橋にはマジびびった。





平然を装って歩いていたが、足がすくむっていうのが分かった。

ただでさえ高所恐怖症なのに。

いや~びっくりしたわ。


出発して一時間半弱。

白谷雲水挟方面への登山口と分岐する「楠川分れ」に到着。

帰りは白谷雲水峡を通って帰る予定。

そしてここから一時間ちょっと。

永遠とも思えるトロッコ道を歩ききると、縄文杉への山道である大株歩道入口に到着。

出発から二時間半。

正直ヘトヘト。

ここで引き返す訳にもいかない。

距離的には8割程度まで来ているが時間的にはまだ中間地点。

ここからは本格的な山道約2キロを2時間くらいかけ登って行く。

疲れきってぼーっとしてたら20分も休憩してた。

気合を入れ直して再度、出発!





思わず辺りを見渡してしまうくらいの地味な登り口。

登り口はじめて五分。

いきなりの洗礼を受ける。

あまりの急な道に重さ15キロの荷物のお陰で後ろに倒れそうになる。

そして、心が折れそうになる。

尋常じゃない程の汗。

この先が思いやられる。

登山道に入って30分。

ウィルソン株に到着。

切り株なのにものすごい存在感。







この株は豊臣秀吉が城だか寺を建てる為に島津藩に命じて伐採したもの。
っと、近くのガイドさんが言ってました。

また、名前の由来はアメリカの植物学者の、なんとかウィルソンっていう人が屋久島に来た際雨宿りをして発見したことにちなんで命名されたらしい。

この、おっきな切り株は中に入る事ができる。

株の上は空洞になっていて光が差し込んでいる。

そして上を見上げると…

ハート型。





ガイドの本とかで見てたけど実際、自分の目で見ると感動だね。

神秘的。

水が湧き出し流れる水の音。

風に揺れる木々の音。

鳥のさえずり。

普段の生活の中で感じることが出来ない音、色、匂い、感触を感じる事ができ疲れが一気に吹き飛ぶ。

たくさんのパワーをもらって縄文杉に向け出発!
登山道は整備され多少歩きやすくなったが登ったり下ったりと精神的に疲れる。

ややキツイ登り道を行くと樹齢3400年と言われる大王杉。





縄文杉が発見されるまでは屋久島No.1の称号を誇ってましたがあえなく二番手に降格

そして二本の木が手をつないだようにつながっている夫婦杉。

今回の旅の最大目的の縄文杉まであと少し。



つづく。
スポンサーサイト

屋久島の旅 1日目

出発のこの日は五時過ぎに起き身支度を整えて空港へGO!



って言ってもここは既に空港の中。

六時前に荷物を預ける為にカウンターに行ったんだけど結構人がいるんだね。

15分くらい待たされたよ。

出発の時間が刻々と迫りひとり焦る。

そして荷物を預け手荷物検査を通過。

まったりする暇もなく鹿児島へ向けて出発!





飛行機ちっちゃい





やっぱり窓際の席に限るね。
景色が最高に綺麗でした。

富士山を見下ろすなんて素敵。





約二時間のフライトで鹿児島に着きました!

鹿児島初上陸です。

ここからはバスに乗り一時間程かけフェリー?船に乗る為、港に移動です。

鹿児島市内は先日桜島が噴火したせいで街中が灰だらけでした。

まぁ~空気が悪い事。





こんなに灰がたまってます。





帰ってきて車がこんなんじゃびっくりだわ。





これじゃ、外で洗濯物も干せんね。

大変だな。

港には早くつき二時間程ぼーっとしてました。

本読んだり人間観察したり。

屋久島へはここの港からは高速船で二時間。

飛行機に乗りバスに乗り船に乗りと大変。

でもすべてが初めての景色で初めての場所での体験だった為、
楽しかった。

朝早かったから移動中寝れるかなって思ってたけど全然寝れなかったわ。

すべてに興奮し過ぎて笑

そして二時過ぎに念願の屋久島に到着





ん~最高の天気。

さすが晴れ女の私。

しかし暑い。

約20キロのリュックを背負って宿を目指す。

汗がとまらない。

半端ない汗。

15分程歩き宿に到着。

玄関に、倒れこみました。

危うく踏むとこだったぜ!





部屋に案内され速攻冷房MAX。

幸せでした。

その後、まったりし宿の近くを散策。

宿の人に進められ益救神社(やくじんじゃ)に行きました。☜絶対読めないし。







屋久島自体、パワースポットだが特にここの神社にパワーが集まっているらしい。

パワースポットとかいってもあまりパワーを感じることが出来ない私…。

代わりに蚊にたくさん喰われました。

その後、近くのスーパーに行き明日からの登山に必要なものを揃える。

島だけあって高いね。

すべてが定価での販売です。

夜ご飯は近くの定食屋で飛び魚の塩焼きを食べました。

なかなかうまい。





初トビウオにして、すっかり虜になってしまった。

部屋に戻り荷物の整理。

持っていくものと置いていくものの仕分け。

20キロのリュックが15キロくらいになったかな?

これらを背負って果たして10キロの道のり歩けるかしら。

不安だけが膨らむ。

そしてこの日は明日の登山に備える為、四時半のバスに乗る為、早く寝た。

屋久島の旅 ~前泊~

こんにちわ。

先日行った屋久島の日記を忘れる前に書きたいと思います。

会社が三連休だったのでその前後に1日づつ有休をつけて4泊5日で屋久島に行ってきました。

前から行きたかった屋久島。

与那国であった旅人に一度は屋久島に行った方がいいよって言われた事が忘れず、ずっと気になってました。

行った感想はまた行きたいと思わせてくれる島でした。

いい島でした。

初日7/27(金)6:20発の飛行機で鹿児島に向かうのですが朝が早いと言う事で羽田空港に前泊することになりました。

16時に仕事をあがりイヤホンと歯ブラシを購入し宇都宮駅へ。





新幹線でって言う程でもないけどこの荷物なんで通勤快速のグリーン車で羽田に向かいました。

そして21時前に羽田に着きました。

この日は4月にopenした空港内にあるファーストキャビンというカプセルホテルに前泊。




6000円くらいだったけど楽天のポイントで3000円ちょっと。

テレビもあるし大浴場もある。

大満足。

これで時間を気にすることなく安心して寝る事ができる。

この日は明日に備え11時に夢の世界へ・・・
プロフィール

らくだ23

Author:らくだ23
一人が好きで独りが嫌いです。

お酒を飲むと斑点がでます。

笑っちゃいけないときにわらっちゃます。

耳栓がないと寝れません。

いつもなんとかなると思ってます。

高所恐怖症です。

寝るときはうつぶせです。

すぐ、体調が悪くなりトイレとお友達になっでしまいます。

やりたい事がいっぱいです。
死ぬまでにやりたい100の事(100超えてしまってます笑)

趣味:山登り、島巡り、一人旅
過去の旅

特技:ソフトボール
チームを作り今も続けています。
いっつめん




Instagram

Twitter
Instagram
Powered by 複眼RSS
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR