北岳登山とぼーっとする旅 4日目

7月28日 日曜日

⇒0日目 のブログはこちら

⇒1日目 のブログはこちら

⇒2日目 のブログはこちら

⇒3日目 その1ブログはこちら

⇒3日目 その2ブログはこちら


朝霧高原の車内泊。

誰にも邪魔されず寝れる!

はずだった…。

まぁ~その期待を見事裏切ってくれだ暴走族?

バイクのみなさん…。

そしてルーフを打ちつける雨の音…。

これらはそんなに長くは続きませんでしたが寝つきは最悪でした笑

そして迎えた朝、周りのガヤガヤした音、声に目を覚ます。

みなさん、朝早いのねん。

とりあえずトイレ~

っあ、100円払わなくていいのね笑


わたし、道の駅とかで野菜とか買うの大好き!

安いし新鮮だし。



そして今回も!

深沢さんのピーマン買って。



大塚さんの玉ねぎ買って。



せっかく山梨に来たんだからっと言ってもも買って。



そして、こんなにいらないけど卵買って。



最後は牛乳。



朝の牛乳美味しいね。

めっちゃ濃かったよ。



っさ、牛乳飲んだとこで食料を買いにコンビニ経由キャンプ場に向かいます。

はい!

本栖湖~



今日はここに泊まりますよ。



8時からチェックインできます。

オートキャンプです。

湖畔と森、選べます。

迷わず湖畔を選択します。

タープ張ります。

まだ、3回くらいしか使ってないのにハンマーぶっ壊れます。



がびーん。

びっくりしました笑

その後、テント張って完成。

やったね。

テントから100円でてきた!



なかなか汗だくだぜ。



あとはひたすらぼっーとする。



本読んだり、ブログ書いたり、いろんな人のキャンプ道具みたり…。

飽きません。

ただ…。

富士山がお顔を出してくれない…。

本当はこんな感じなのに。


残念。

頑張って見えたのがこれ。



また今度こよう。

そーしよう!

ほんと、今日はなにもしない一日でした。

なにも書くことありません~。

展開が早いですが今日はもう、ぐっな~いです笑

ちなみに星は見えません。



☆本日の出費☆
朝霧高原 1580円
サンクス 1672円
キャンプ 2500円
シャワー 500円
スポンサーサイト

北岳登山とぼーっとする旅 3日目 その2

7月27日 土曜日

⇒0日目 のブログはこちら

⇒1日目 のブログはこちら

⇒2日目 のブログはこちら

⇒3日目 その1ブログはこちら

無事に雲の上の世界から下山…。

なんか、淋しい…。

行きと同様、乗合いタクシーに乗り車が置いてある市営駐車場に戻る。

またしても助手席。



いえ~い!



夜、一人で絶対通りたくないトンネルを通り、山道を戻る。

う~なんか気持ち悪い…。

久々に車酔いってやつだわ。

早くつけぇー。

そして揺られる事50分。

市営駐車場に到着。

いや~なんなの?

この暑さ。

半端ね。

20℃以上の温度差、やばいね。

お陰で気持ち悪いの治ったわ笑

とりあえず、着替えましょう!

そして…。

これを持って…。



はい!

3日ぶりのお風呂です笑

ドン引きしないでください!笑



超気持ち良かったわ。

露天風呂とか最高だわな。

3日ぶりだったから頭3回洗ってやったぜ!笑

そして風呂上りにこれ。



サクレ!

あまりの暑さに溶けまくってましたけど…。

荷物の整理して出発!

途中、ローソンによりゴミを捨てる。




そして、お腹空いたので市内に出る事に!

しょうが焼きが食べたい。

どこか食堂はないかね~。

っお?

およよ?

よし!

ここにしよう!

ってなことで!



ドン引きしないでください笑

淋しくないよ。

最近、知らない地での一人飯出来るようになりました。

誰にどう思われ様がこの人たちとはもう会わないんだからどーでも精神です。

別名、開き直りってやつです。

お寿司大好き!

1皿目は絶対、甘エビ~。

2皿目は絶対、甘エビ~。

あとは食べたいの食べます。

美味しかった。

お腹いっぱいになり次はコインランドリー。

っと、その前にドラッグストア。

今回、リップ忘れちゃって唇が大変なことに…。

3日間辛かったわ。

かっぱ寿司の人にドラッグストアの場所を聞いて無事にリップGET。


↑写真、逆さまになっちゃった。携帯逆さまにして見て笑

何でも良かったので一番やすいの購入。

そして、コインランドリー。



運がいいことにドラッグストアの直ぐ近くにありました。

3日間の洗濯物を一気に洗います。

なんだけど洗剤とかない。

コインランドリーの販売機に売ってるがしょぼい。

なので再びドラッグストアに行き柔軟剤入洗剤を購入。

そして、洗濯開始!



暇人ですよ。

近くにTSUTAYAがあったけど本屋行くとお腹痛くなるのでやめました。

コインランドリーの中は冷房ガンガンで涼しいのでございます。

撮った写真を整理したり、ブログ書いたりとやることはたくさんあります。

洗濯機のあとは乾燥機。

20分にしようか、30分にしようか、迷いましたがとりあえず20分に。

20分で乾いてなかったらまた、100円入れればいいし。

そんなこと思っていたが20分で全然、問題ありませんでした。

乾燥機も終わり洗濯物を畳む。

初めての柔軟剤入洗剤。

なんか甘い匂いなのねん。

ん~。モルトってくれば良かった。

あれ?

なんか汚れ落ちてない。

ん?

汚れ??

っえ??

なにこれ!!

あ〝~。

なんとズボンにチロルチョコいれたまんま。

あれんま。

え~

洗い直し?


あ~もう。

自分が嫌になる~。

はい。

洗濯物入れ、洗剤入れ、100円玉4枚入れ…。

リップ塗って再びぼーっとする。

げぇ。。

同じ洗濯機で洗っちゃった…。

もぉ。

嫌だ。嫌だ。嫌だ。

自分が嫌だ…。

そして、先ほどとは違う乾燥機で20分乾燥。

よし!

学習した自分!

乾燥をやっている間、次やることを考える。

富士山が見えるとこでキャンプしながらぼっとしたい。

よし!

富士五湖だな。

ただ、今日は遅いため近くの道の駅で車内泊!

どこがいいかな~。

すごいアプリで道の駅を探す。

それがこれ!


このアプリ大変便利。


訪問ボタン押せば色が変化して訪問したかしないかが一目瞭然。



こんだけ道の駅たくさんあるんじゃ制覇は無理ね。

よし!

道の駅 しもべ 目指して出発!



冨士川沿いをずっーと走ってく。

ってか、山が大き過ぎてめっちゃ圧迫感ある~笑

そして1時間くらいで到着。




っえ?

なにここ?

誰もいない。

一人でこんなとこで怖くて寝れないよ…。

ってなことでここは却下!



そして再び道の駅を探す。

よし!

決まった!



再び車を走らせる。

峠とトンネルを通って行く。

すると、車がたくさん停まっている。

みんなカメラで写真を撮っている。

その先にあった物は…。



富士山!

しかも、しかも…。

ここ、1000円札と5000円札のとこ!



よし!

決めた!

明日ここでキャンプする~。


そして目的地、朝霧高原に到着~



うひょ~。

目の前に富士山~



はぁ~

でかいわね…。

車内泊の方がたくさんいそうなので安心して寝れます。



小鉄、フルフラットになるからめっちゃ寝やすい。

収納もいっぱいあるし。

ゼストからフリードスパイクに乗り換えて良かった!

でも、やっぱキャンピングカー欲しいな笑

さて、本日は誰に邪魔されることなくゆっくり寝れます。


ぐっない。


☆本日の出費☆

水 100円
トイレ 1回 100円
乗り合いタクシー 1100円
入浴代 700円
サクレ 150円
かっぱ寿司 787円
柔軟剤入り洗剤 198円
リップ 238円
洗濯機(400円×2回) 800円
乾燥機(200円×2回) 400円
イオン 752円
飲み物 150円

北岳登山とぼーっとする旅 3日目 その1

7月27日 土曜日

⇒0日目 のブログはこちら

⇒1日目 のブログはこちら

⇒2日目 のブログはこちら





8人部屋。しかもみんな女性。

ってなことで前の日に比べはるかにストレスが少なく落ちついて寝れた。

ただどーしても満点の星が撮りたくそれが気になっていたせいか何度も目を覚ます。

部屋にはカーテンがない窓があり目を覚ます度に外を見て星空チェック。

月が出てる!

よっしゃーと思うも月明かりが強過ぎ星が綺麗に見えない。

残念…。

北岳での星空は諦めよう…。

そして4時前に起床。

最近、睡眠サイクルがおかしいぞ笑

4時前に目覚める今日この頃。

まっ、早起きは三文の得ですからね!

本日の日の出時間 4:40

4時過ぎにはうっすらと遠くの方が赤く染まってる!

よし!

今日は御来光見れるぞ!

そして4:30

このグラデーション最高に好きよ!



あそこから出てくるんだな。

ぽこっとしたあそこちょっと邪魔…





ふと、北岳を見上げるとなんとも幻想的。

北岳にそってガスが流れてくる。


そして出てきました。


山からの御来光は神々しさを感じる。


富士山がないのが残念だけどこればかりはどーしようもない。



寒くてガタガタ震えていた体が太陽が出て来たのと同時にとまる。

日ごろ忘れがちなおひさまのありがたさを実感する。

御来光の後はご飯…。

iPhone忘れて写真撮れなかった…。

朝も最高に美味しかったです。

卵に、切り干し大根に、鯖に、味のないキャベツ…。

そして、部屋に戻り荷物を整理して5:43出発!



昨日、下ってきた道を再び登る。

これほど虚しいことはない。

ただここを登らなければ帰れない。



転落注意の言葉にビビりながら一歩一歩
ゆっくり登る。

それほどまで急なのだ。



両手両足をフルに活用し登って行く。

さっき顔を出した太陽が
もうあの高さまで昇っている。

朝日に輝く登山道は神秘的でまるで私を応援してくれてるかのよう。

いや、天国へ導いてくれてるよう…笑



ちょっと足を止め休憩。

まだ、登り始めて15分…笑

ん?

若干頭痛い?

深呼吸、深呼吸。



まだまだですよね。。

はい。

頑張ります。



たくさんの人が登ってきます。

そして北岳とは反対の間ノ岳にもたくさんの人が登って行きます。

再びゆっくり、ゆっくり登って行きます。



え~あんなとこ行くの?

確かに転落注意だわ。

こわ~い。


うわ~ガスが迫ってくる。

なんか恐怖を感じる。

食べられる~笑


そしてこの先、余裕がなく写真がない笑

苦しいけど幸せ~

こんな素晴らしい景色の中を歩けるなんて…。

全身で幸せを感じてます。
↑若干、頭おかしくなってるかも笑

はい。

登り始めて1時間で再び北岳山頂に到着!

今日も絶好調にガスってます。

視界10m程でしょうか?



なぁーんにも見えないんで下山します。

北岳よ!

ばいばいきーん!!


そして、恐怖の下山。

一見、楽そうだけど下山はしんどい。

何がって、足がぷるってくるの。

歩き方がわからなくなり膝も腰も痛くなり…。

登りの時は下りがいいと思い。

下りの時は登りがいいと思い。

わがままですね。



ガスったり晴れたり。

山頂の天気は大忙し。

再び1日目に泊まった肩の小屋に到着!



ちょうど、ヘリが上がってくるらしい。

小屋に入れと言われるかと思いきやここより後ろに下がってくださいとの指示。

やった!

写真撮れる。

山小屋のお兄さんと話しているうちにヘリの音が。

そして…。



↑なんかボケ具合がかっこいい!











↑罰ゲームじゃないですよ!


↑安全管理×だな。ヘルメットくらいの被らないと…



やっぱヘリかっこいい!

ただ気になったのが助手席?に座っている人がデジカメでパシャパシャ写真を撮ってるのが気になった笑


そしてヘリは青空に消えて行った…。




動画でどーぞ笑


[広告] VPS

やはりここでもビールがたくさん運ばれてきた。






っさ、再び下山です。

まぁ~ここからほんとに長かった…。

孤独だった…。

辛かった…。

虚しかった…。

嫌になった…。

ここを一生懸命登ってきたのにね。

あ~思い出したくないわ笑

そして分岐地点に到着。



北岳山荘を出発し北岳山頂経由でここまで2時間ちょっと。



行きは二俣から登ってきたので帰りは違うコース。

白根御池小屋経由で帰ります。

これが失敗だった…。





超急なんだわ。

とにかく急。

登ってくる人マジすげー。

しかも標高が下がってくればくるほど暑くなり、さっきまで寒さが嘘のように汗が出てくる。

疲れる度に後ろを振り返る。

振り返るとさっきまでいた北岳山頂。



あんなところにいたんだ…

なんか変な感じ。

そして草スベリと言われるポイントに突入。

ここも急坂。



夏草が生い茂り名前の通りとにかく草、草、草。

お陰で虫も多い。



遥か遠くに見える池。

その畔に張られたカラフルなテント。

あそこが白根御池。

とりあえずあそこで休憩だな。

目標ができ足を止めずなんとか頑張る。







あと少し…



ん~




ひゃ!



到着~。

下から見上げる。

遥かもっともっと奥からおりてきました。



山頂はあんなに遠くに…



あんな遠くから歩いてきた自分に関心。

こうしてようやく、白根御池小屋に到着。




びっくりするくらい綺麗。

一番びっくり下のはトイレ!



普通ですよね…。

でもね、頂上付近の山小屋は写真が撮れないくらい衝撃的なのよ笑

トイレが綺麗って幸せね。

レバー捻れば水がでて、綺麗になると言う当たり前のことがどんなに幸せか…。

山に行くとつくづく思います。

水についても山では貴重となるがここの小屋では無料で汲む事ができました。

しかも、まさに南アルプスの天然水!



無駄にたくさん汲んでやったぜ!



休憩を終えゴールである広河原へ向け最後の下りにかかる。



え~下りで2時間…。

もう、すでに足がパンパン、ガクガク。

嫌な予感…。

ここからは森の中をあるく。

眺望がない道、わたし大っ嫌い。

風景に変化がないので心がやられます。

しかも下りのはずが登りになってるし…。




そして下り。



白根御池を出発して30分までは緩やかなアップダウンだったが、それ以降はまたまた急坂。









こんなんが一時間半永遠と続く。

そりゃ、こころもやられるよ。

腰も足も膝も足の裏も痛い。



北岳山頂を出て4時間。

足が棒。



1300mもくだってくりゃ、おかしくなるわ。

こころも体も。

下りはここが一番辛かった。

時間に追われているわけでもないのに早く楽になりたいという思いから結構な早さで下る。

そして3分後にはペースダウンし自問自答の時間がスタート笑

これを何度繰り返しただろうか。

そしてついに!



あと20分!

あれ?おかしい…。

アドレナリンが出てこない。

どうやらアドレナリン空っぽになってしまったみたい。

左右の親指の裏の皮は向けペースも上がらずちんたら歩く。

おまけにクソ暑い。

最後の力も振り絞る気力がないまま到着。

ここを渡ればゴールの広河原。



高所恐怖症?

うん。

そんなのどっかいったわ。



アスファルト歩くの久しぶり。

早く靴脱ぎたい。



あの、雲の上の世界からいま現実の世界に帰ってきた。

無事に下山できてホッとした思いとあの素晴らしい世界から帰ってきてしまった淋しい気持ち。

再び北岳はわたしにとって遠い存在となってしまった。

今回、運良く富士山を見る事はできたがどーしても雲海に浮かぶ富士山と御来光をみたい。

いつかわからないがもっともっとレベルアップしてまた会いに来ます。

北岳さん、間ノ岳さんびっくりするくらいの美しい光景ありがとうございました。


続く…

北岳登山とぼーっとする旅 2日目

7月26日 金曜日

⇒0日目 のブログはこちら

⇒1日目 のブログはこちら

前夜、20時半に眠りについたが多重奏のコラボにより全然寝れず。

夜中に寝ては目が覚め、星空の確認に外に行き…。

3回くらい繰り返しただろうか?

結局、ガスってて星は全くみれず…

そして、3時半過ぎ。

あたりの物音に寝れなくなり起床。

外に出るも超ガスってます。

トイレいくまでに迷子になっちゃう~笑


もちろん御来光みれず…。



本当だったらここにでーんと富士山がいるのにいない…。

きっと明日は見れるでしょう!

よし!

北岳に向けて出発!

風が強いのでガスってもすぐ晴れる。

風が強いので晴れててもすぐガスる。



あ~ニット帽忘れたお陰で耳が取れそう…。



小屋があんなに小さく見える。



あの奥の山がどうやら山頂らしい。



わ~迷子。迷子。

どこ行けばいいの?

道しるべがない~。

道は自分で切り開くもの。

よし、よりあえずすすむ。



ん~まだ迷子…。

っお、あれは…。



賑やかな山頂ではないですか!

どうやら道はあってるみたい。

テンション上がる~

うぉ~



富士山!

やべー

でかい!

近い!

すごい!

朝の7時過ぎからテンションMAX!

トレイルラン並みの早さで頂上を目指す!

そして到着!



やばい富士山。



日本一高いところからの富士山!

ただそこに富士山があるだけなのに感動…。

やばい。

なんかこみ上げてくるものがある。

う~素敵。



そして、三角点。

北岳っていうんじゃないんだ。

ガスってきて何も見えませんが…笑



ちゃんと登ってきましたよ。

あんま、長くいると汗が冷えて寒くなるので降りましょう!

今日はあの赤い屋根の建物に泊まります。

北岳山荘



ただここから一時間弱で着いてしまう為、その先にある間ノ岳にピストンしてきます。



いや~この稜線最高!

写真で見た通り!笑

迫力満点!

下りは結構、険しく写真を撮る余裕がなかったみたい。

そして、50分くらいで到着!



綺麗な山小屋でしたよ。



しかも、しかも。

診療所まであって!



医者と金の卵たちが夏の期間、24時間対応してんだってさ。

すげー。


とりあえず山荘の中に入り荷物を置かせてもらう。

必要な荷物をサブバックに詰め込み出発!

北岳山荘から間ノ岳までは往復3時間。

ただいまの時間、9時。

よし、お昼には帰ってこれるな!

さぁ、出発!

っとその前におせんべい。



これ大好きなの。



今にも落ちてきそうな岩の下を通る。

きっと落ちてこないだろうけど下通る時緊張。

あの奥の奥までか…。



そして、アクシデント発生!

風が強くいきなりの突風により帽子が飛ばされる。

帽子が崖の下に落ちてはまずいと思い飛び込むように帽子に手を伸ばす。

っが、手を伸ばした先は自分の右膝…。

そう。

張り切って手を伸ばしたのはいいが後ろに振り返りながら手を伸ばした為、足元にあった岩に気づかず思いっきり岩に膝蹴りをしてしまったのだ…。

痛みに耐えながら帽子を拾いその場でうずくまる。

そこに誰もいなかったのが救いだ。

こんな時はそっとしといて欲しい。

とにかくそっとしといて欲しい。

あ~痛い。痛い。痛い。

恐る恐る膝をみて見ると…




あ~CW-Xが…。

しかも血が出てる~。

とりあえず屈伸してみる。

いってぇ~けど大丈夫そう。

ちょうど中間地点。

引き返すか山頂目指すか…。

うん。

ここで引き返したら絶対後悔する!

ってなことで山頂をめざします。



あのガスってるとこらへんか?

頂上は…



ものすごい御一行さんとすれ違いました。

岩に膝蹴りした時に会わなくてよかった。



あと少し。

するとクック、クック、なんかが鳴いてます。

その声がするほうをみてみると…

あ゛~

ライ様!





あっ、カメラ目線!



しかも小ライ様3匹もいる~。

めっちゃかわいい。

全然逃げないし。

初ライ様に興奮気味のわたし。

いやーなんか嬉しいね。

そして、山頂に到着。

日本第4位の標高を誇る間ノ岳(あいのだけ)



若干、プリケツだけど許して!



はい、三角点。

お昼が近いってことでお決まりの。



つゆまでのみきり完食!



雲がもくもく出てきたので帰りますよ!



間ノ岳からみる北岳。

最高ですね!

下山開始から1時間くらいで山荘につきました。

受付をしてないので受付をします。

二食付きで7900円



8人部屋。

しかも女性だけです!

いえ~い!

今日は快適に寝れる予感…

先ほど岩と喧嘩した右膝ちゃん



ちょっと痛いけど対した事ないじゃ。

そして、今(2日後)



がっつり内出血…笑

屈伸するのが痛いね。

でも、ほっとけば治るでしょ。

私の自然治癒力凄いのよ!

さて話は戻り、ヘリが荷上げでくるというので外に出ないでくださいとの指示。

音だけするがヘリは見えない…。

三回くらい来たようだ。

ビールやら食糧が届いた。




今晩はアジフライかな?

その後、外は雨が降り出す。

今日はテントの人が多い。



山荘の裏にも横にもたくさんいます。

私もテント泊しようと考えていたのだがここまでテント背負ってくる自信がないのと風が物凄い強いので快適なテント生活を過ごせないだろうと思い辞めた。

結果的には大正解でした。



案の定、突風で飛ばされてるテントいましたからね…。

17時になり夕食の時間です。



超高級なレストランで食べる料理より、山でのご飯ははるかに美味しく感じます。

美味しかったです。

その後、雨、風はおさまりなんと富士山が顔を出す!

慌ててカメラを持ち写真を撮る。





虹もでて最高!



夕焼けで染まる北岳もかっこよく。

素晴らしい景色が見られ幸せです。

ここに登ったものしか見れない景色。

感動も倍です!

今日は素敵な写真が撮れて大満足。

20時になり消灯時間になったので寝ます。



女性部屋との事で大きないびきもなく、苦しそうなうめき越えもなく久々にゆっくり寝ました。


☆本日の出費☆
北岳山荘 2食付き 7900円
トイレ 3回 300円

北岳登山とぼーっとする旅 1日目

7月25日 木曜日

⇒0日目 のブログはこちら

朝、三時半。

周りのバタン、バタンと車のドアを閉める音で起床…。

こそっと、あたりを見回すがまだ暗い~。

うだうだするも二度寝する事ができずグダグダした時間を過ごす。

次第に人の声がしてくる。



どうやら乗合いタクシーのおっちゃん達が集まって来たらしい。

周りを気にする事なく話し込む。

しゃあない。

起きますか!



天気もまずまず。

ここの駐車場から乗合いタクシーで登山口の広河原にいきます。

マイカー規制がかかってるためバスかタクシーでしか登山口にいけません。

片道1100円。

駐車場代は無料なので助かります。



早朝5時。

タクシーのおっちゃんが5時のタクシーに乗れるかと聞いて来たので準備が出来てないので無理ですーとお断り。

9人乗りのタクシーにどーしても9人乗せたいらしい。

そして完了。



そしてまたまた、タクシーの運転手が5時半のタクシーに乗らないかと声を掛けてくる。

ご飯食べてないので断る。

そして、朝ごはん。

昨日の夜食べようと思ってたんだけど食べれなかったので朝食べる事に笑



テールゲートに座りながら冷やし中華を食べてると目の前に富士山ナンバー。



初めてみた~。

そんな事しているうちに準備完了!

6時ちょっと前。

タクシーの運転手にすぐ出ます?

って聞いたら次は7時50分って…。

たまげたわ~。

随時、出てると思ったから…

マジで…

あと2時間なにすればいいのよ…。

冷やし中華食べて富士山ナンバーに感動してないで5時半のタクシーにのりゃー良かった…

後悔。

っま、急いでいるわけでもないからよしとする。

そして、7時50分



やっと出発。

ここか約50分掛けて登山口の広河原に向かいます。



ここから先、一般車はいれません。



こんな山道通っていきます。

酔いそう…。

でも大丈夫!

ちゃっかり助手席座ってますから笑



絶対、夜一人で通りたくないトンネルを過ぎ八時半過ぎに到着です。

晴れ女健在!





今日はここから肩の小屋まで6時間を掛け、標高差1400mを一気に登って行きます。

さあ、出発!




いーや。

いきなり吊り橋かよ。

高所恐怖症です。

わたくし…。

幸いにもそれほど高さはないようで…。

吊り橋を渡り終え、登山届けを出します!



っあ、緊急連絡先、自分の番号書いちゃった笑

さて、いよいよです。



北岳方面を目指します。



緑いっぱいで気持ちいいです。

わたしも緑に染まっちゃいそう笑



適度な距離を保って登れるグループを発見しました笑

こらなら何かあっても安心!



川?沢?←違いが良くわからない。

たくさんあって気持ちいい~








北岳は高山植物が豊富でお花畑と言われてるみたいです。

知らないおばさんが興奮してあそこにミソガワソウが咲いてるわよ。(一枚目)

連れていかれるわたし…

とりあえずパシャり。

これはね…

クルマユリ(二枚目)

っておばちゃん。

とりあえずパシャり。

今度は違うおばちゃんがほらこれー。

ミヤマハナシノブ(三枚目)

このおばちゃんの話によるとこの花は北岳と白馬岳にしか咲いていないらしい。

あ~おばちゃん御一行様に捕まりペースが乱れる…。

しかし、暑い。

まだ、30分も登ってないのに汗だぁーだぁ。



おそらく頂上は右上らへん。

全然まだまだ。

そして雪渓が姿を現した。

ちょっと興奮。

結構な量。



人がいる~

風が冷たくて気持ちいい。

天然クーラーってやつだな。



上を見過ぎてよろけ手をつこうとしたら…。







カエル…

しかも超リアルなカエル。

黄緑色のカエルしかみた事ないからちょーうビビった。

何このイボイボ。

あし?手みて!

きも!

拳より一回り大きいカエルさん。

危うく触りそうだったぜ!

しかし歩いても歩いても全然つかない。

もう2時間も歩いてますけどポイントにすらつかない。

足が痛いよ~。

10歩進んでは休みの繰り返し…。

そして、自問自答タイムスタート!

なんの為に山に登ってるんだろう…。

きつくなればなるほど自問自答を繰り返す。



だが、疲れた時にふと見上げるとそこにいつも答えがある。





すべてが初めての光景。

日本の景色、いや、この世の景色とは思えない景色に元気をもらいながら高度をあげて行く。


そして、そして…

二時間半で二俣に到着。



やばい。

結構、ばてばて。

いつも、頂上に行くと飲みたくなる炭酸。



ザックに忍ばせ持ってきたが我慢できずにいただきます。

一気に半分以上飲みました笑

うんまい。

最高です!

そして、100円払いバイオトイレを拝借。

汗で水分が出てる為、ほとんどでず…笑



手、洗うとこねーし笑

ここ二俣では雪渓沿いに進み北岳を越えた尾根に出る左俣コースと、北岳の手前の尾根に出る右俣コースに分かれてる。
前者だと本日泊まる肩の小屋にはいけないので右俣コース、小太郎尾根分岐を目指して登ります。

まぁ~。

すげんだわ。

雪渓をみながらの登って行くんだけど雪渓が急過ぎて平衡感覚がおかしくなる。

もうね、きつ過ぎて写真ありません笑

唯一わたしに元気をくれる物…。



山と高原の地図アプリ

事前に地図を購入する必要があるがGPSで今いる場所を教えてくれる。

圏外でも問題なし。

なんどこのアプリを立ち上げた事やら。

これなかったら完全にこころ折れてたわ…。

もう、富士山より全然辛い。

辛いけど目の前にはすんごい景色が広がりパワーを貰う。



こんだけ咲いてるときれいだよね。

鳳凰三山にあるオベリスク!



遥か遠くにそびえたつ甲斐駒ケ岳!


そしてようやく小太郎尾根分岐に到着



やっと稜線に出ました。

風が強く冷たい。

一枚羽織り歩きだす。

まぁ~ここからの景色が最高そして気持ちいい…



疲れが一気に吹き飛ぶ。

残り30分という事でいきなりテンション上がりアドレナリンが放出される笑



しかし、小屋はどこかね?

こんな険しんじゃ30分じゃいけねーよと独り言を言いながら歩き出す。

マジでここ登るの…

はぁ…


あーしんどい。


ゆっくりゆっくりのぼります。

後ろを振り返ると…。



落っこちそう笑

いやーさっきから何度も言ってるが超気持ちいい!

苦しくてもこれがあるから頑張れる。

あー気持ちいい笑

登り終えるも小屋はなくまた歩き出す…




あの向こうが山小屋か?

変な期待感が生まれる。


外れ~。そこには小屋はなくもうひと山ありました…


小屋まで15分だって。

再びアドレナリン放出!


よし!

あの裏側に小屋だな!



うは。

なんなん…。

っま、アドレナリン出まくりでなんとも思いませんけど…笑



そしてそして。



アドレナリンMAX

発電機の音が聞こえてくる!

わー着いた。着いた!




五時間半。

まさにコースタイム通りの時間



3000mの地にユンボ。

ヘリに吊るされてくるのか?

その光景見てみたい。



トイレ。

息止めて、目を瞑ってはいれば大丈夫だわよ!


小屋の売店。

わたくしビール飲めません…。

いや、ビールじゃなくてもこんなとこで飲んだら3口くらいで出来上がりそう笑




小屋の中はこんな感じ。

一回はご飯食べたりと共有スペース。



そして二回が寝床となる。



混雑時は布団一枚に2人笑

今日は布団一枚に1人。

右には70は越えているであろうおばぁちゃん。

左には知らないおじさん。



こんなにたくさんの毛布が用意されてます。

はい。

寝床の設定。

下に毛布を三枚目重ね、持ってきたトラベルシーツを敷く。



完璧です。

モルトのいい匂いで快適に寝れそうです。

少し休んで外に出ると青空が広がってました。



肩の小屋から見上げる北岳。

山頂はもうちょっと奥の方。

明日、山頂目指します。

暇なんでカメラ持って散策





ヒバリでしょうか?



最高ですね。

寒いので小屋に戻りテレビを見る。



ん~結構、高い位置にあって首が疲れる笑

小屋の中、寒いぜよ。



火を起こしてくれているのに寒い~

ご飯の時間やら日の出、日の入りの情報。


私は今回、素泊まり。

夜ご飯はレトルトカレーです。



19時過ぎ、ずっとガスってたんだけど夕焼けがみれました。



言葉にならん。



ガラケーでちゃんと夕焼けは撮れるのかい?

夕日をみながらのぼーっとする贅沢の時間を過ごしました。



その後はみなさんと団らん。



手前の緑のおばちゃん。

お兄さんはどこから来たの?

ん?

お兄さん??

久々に男に間違えられました笑

この年になるとショックです笑

かっこいい、こういうお兄さんよくいるじゃん!

慌ておばちゃんフォローに入ります。

しかし、私には届かず。

そして…。

だって胸ないんだもん。とかいいながらいきなり胸を触ってくる笑

おばちゃん、開き直りです笑

スポブラだから今はないの!

って慌ててフォローに入る私…笑

っま、そんな感じで楽しい時間をすごせました。

実はこのおばちゃん、ツアーガイドやってるらしい。

今日も10人くらい引き連れてやって来てました。
↓その時の写真。


しかも今年で北岳、15回目とか…。

おばちゃんすごい人なのね。

山の知識も豊富でいろんな事教えてもらっちゃいました。

なのでさっきの事は許す!

その隣のお姉さん。

徳島で働くモンベル店員。

商品の事いろいろ聞き勉強になりました。

そんな事しているうちに消灯時間になりました。

いや~今日は疲れた。疲れた。

こりゃ、爆睡だな。


耳栓をして夢の世界に落ちます。

っが…

五分後…

右隣のおばあちゃんがいきなりう~う~っと苦しそうな声をあげる。

っえ?

っと思いおばあちゃんを見るが気持ち良さそうな顔をして寝てる。

マジか…。

これ一晩中、う~う~言ってるパターンか…。

はあ…。

そして今度は左のおっちゃん。

いびきが…。

しかも無呼吸症候群みたいな感じ。

途中、息が止まる。

その後、ふーぅん。とかいいながらまたいびき…。

こりゃ、今日はあんまり寝れないな。

しゃーない。

そう思い。寝た。

でもまた、目が覚める。

この多重奏なかなかのハーモニーよ笑

星が撮りたかったので外に行って見るもガスってて何もみえない。

再び寝床につくものの…。

気にしない、気にしないと思いながらなんとか寝て見ました。

そんな感じで1日目は終了


☆本日の出費☆
乗合いタクシー 1100円
肩の小屋 素泊まり 4500円
トイレ 2回 200円
水 1L 100円

北岳登山とぼーっとする旅 0日目

今週(土、日、月)は会社が3連休♪

木、金に有休を頂きまして5連休♪

休みたい時に休みが取れる。

当たり前じゃなく、ものすごい恵まれている事に感謝したい。



去年の今頃は屋久島。

初めてのテント泊デビュー。

野生の鹿と一緒に寝たのが懐かしい笑

それから一年。

早い。

ほんと早い。

少しは野生的になったんかな?笑

そして今年は北岳登山に挑戦。

登れるか不安だけどなんとか日本一高いところから富士山を見てみたい。

そして感動する写真撮りたい。

頑張っていってきます!

5日間あるけど北岳に登る以外は未定。

適当にやりたい時にやりたい事をやる!

今年も思いっきり楽しみます!

本日は早めに仕事を上がらせてもらい家に帰りシャワーを浴び荷物を積み込んで出発!



きたなっ笑


本日の目的地は市営芦安駐車場。



250キロらしいです。



今日はここに車内泊をし明日、早朝にここから出てるバスに乗り登山口に向かう予定。

ガソリンがなかったので出発前に給油。

ガソリン高っ!

151円だって。

いつの間に値上がりしたのよ。



途中まで下でいき桶川北本?北本桶川?から高速で行こうと思ってたがめんどくさかったので真岡から高速に。



高速→一般道→高速→一般道

笹子トンネル怖かったな…



誰もいない真っ暗な山道怖かったな…



そして車はたくさん停まってるけど人がほとんどいない車内泊怖いな…。

さて、明日は3時起きかな?

トイレ行きたいけど怖いから寝ちゃおっと。

ぐっない~


っあ、先に言っときます!

お一人様です・・・(笑)



☆本日の出費☆

高速代 5000円
コンビニ 621円
セイムス 1290円

3日目 至仏山

日光白根山と尾瀬至仏山の旅、3日間でございます。

今回のブログは3日目

⇒1日目 日光白根山のブログはこちら

⇒2日目 尾瀬リベンジのブログはこちら

クマに怯えながら過ごす一夜。

詳しくは2日目のブログをみてください。

21時前に夢の世界に落ちたが0時半過ぎに目が覚める。

1時間半後に、タイマーで音楽が止まる設定にした為、音楽が止まってる。

寝ぼけながら再び再生ボタンを押し1時間半後に、止まるタイマーをセット。

そしてまたまた、目が覚める。

寝ぼけながら再び再生ボタンを押し1時間半後に、止まるタイマーをセット。

いま思えばなぜ、毎回、毎回タイマーをセットしたのだろうか?笑

ただいまの時刻。午前2時30分

変な雰囲気を感じる。

静寂なキャンプサイト風で草が揺れる音以外何もしない。

たまにテントに落ちる水滴?雨の音でビクッとする。

寝よう、寝ようと思えば思うほど寝れなくなる負のスパイラル。

4時になればあたりは明るくなる!

あと1時間半、頑張って寝た。

そして1時間後…。

三時半。

チュンチュンの音に目が覚める。

かすかに明るくなってきたのだろうか?

森の鳥達は朝が早い。

テントの周りでチュンチュン。

木の上でチュンチュン。

そして遠くではカッコウ。カッコウ。

たまにカカカカッコウ。

拍子抜け笑

そりゃないべ。っと独り言をいいつつすでにお目覚めモード。

薄暗い朝。

とりあえずトイレ。

テントから出る瞬間。

超怖い。

勇気を出して外にでる。

異常なし。

そしてトイレへ。

クマが入り込んでないか恐る恐るトイレに入る。

異常なし!

顔を洗うとあまりの水の冷たさに目が覚める。

そしてそのままふらりとお散歩



朝もやが綺麗かな~って思ったけど暗くて全然…笑

うは。

早朝はクマの出没時間。

慌ててテントサイトに戻る。

もちろん誰も居ない。


ただいまの気温。

寒い…


とりあえずテントでまったり。

すると人の声がしました。

なんか、嬉しかった笑

たくさんの人が来てからテント撤収は恥ずかしいので5時前だが撤収作業開始。

昨日の雨でテントは汚い。

パッキングをして6時くらいにテントサイトを後にし至仏山に登る。

ただこの時点でまだ至仏山に登るか迷ってる。

なぜなら出没時間の早朝に出没ポイントに行くのだから。

しかもお一人様だ…。

ちらほら登山客が現れはじめる。

座って休んでいる振りをしながら人間ウォッチング。

適度な距離を保って入山する人の後をつけたい。

ターゲット発見!



前に三人登山客がいる。

よし!

あの人達が至仏山に登山するなら行こう!

遠くからウイダーを飲みながら見つめる私。

よし!入った。

ってな事で至仏山に登ってきます。

6時過ぎ出発!



画面中央の黒いところが登山口です。

なんか、怖すぎでしょ笑



登り専用です。





降りてくる人が居ないので自分のペースで登れます。

登山道はこんな感じ。





よく整備されています。

でも、今にもでてきそうですね。

森のくまさん。

こんな時に限ってカウベルの鳴りが悪い…。

仕方ない。

iPhoneで音楽かけて登りました。

今度はタイマーなしで笑

至仏山は蛇紋岩という岩で形成されているらいしい。

この蛇紋岩は非常に滑る。

とにかく滑る。

登りでもものすごく気を使う。

これが蛇紋岩。

濡れる事でその効力を発揮!

まぁ〜とにかく滑る。

昨日の雨で絶好調の状態となっている。


どこから水はやってくるの?って言わんばかりに水が上から流れてくる。

もうね、沢登りだよ。

良かった。

靴、ゴアテックスに、変えて。



大嫌いな階段。


そしてすぐに森林限界突破。



どうやら滑りやすい蛇紋岩が原因らしい。

森の中は景色が変わらないのでつまらない。

森林限界を越えうきうき。

ほら、後ろを振り返ると。

尾瀬ヶ原~



ズームして撮るとこんな感じ。

クマは出没してなさそうだね。


んあ~。

丸太…



なんか、頂上天気悪そう…

疲れる度に振り返りこの景色に元気をもらいます。



そして滑りやすい蛇紋岩と戦いながら登る。



登る。



登る…



登った分だけ尾瀬ヶ原は綺麗で感動。



階段と蛇紋岩のコラボ。

いらないコラボだわ笑





ここまでNOストップ。

標高差500mくらい登ってきました。

休むと疲れちゃいそうだけど流石に疲れたのでザックを降ろして休憩。


目の錯覚でしょうか?

斜めにみえます。


おー青空が見えてきた~




うは。

でっかいナメクジ。

きもっ。



この歩幅が合わない階段はどこまで続くんかい?

あと少しかな?


階段終わったと思ったらこのがれ場。



雲が届きそう!



こんなとこに花が咲いてる~




よし!

あと少し~


すげー登ってきたな~


よし!

ここを登りきれば!


うぉ~。

気合入れて登り切る。

あれ?

うっそ~ん。

しょぼーん

ですよね。

よくあるパターンですよ。


無になり登る。

ただただ無になる。



残雪すげーなーとか、


花すげーなーって思ってると…


着きました~

コースタイム通りの3時間。



おじさんに写真お願いしたんだけどiPhoneでシャッター押すところホームボタンを長押ししてしりsiriが起動しお話ししてたわ笑



頂上からみる景色が最高で!

駒ケ岳かかな?

長野、新潟方面はまだ雪が残ってんだね。




汗がひいてきたきて寒くなってきたので下山~。



はい。

盗撮~笑



すげー、岩が真っ二つ。

気円斬でも当たったのかな?笑

人類の創造を超えた偉大な自然。

まさに自然が作り出す造形美。

凄いわな…。



さっきまでいた頂上。

たくさんの人が登ってきます。



そこから後は下るだけ~って思ってたけど違ったみたい。

見て!これ…。



せっかく下ってきたのにまた、登るんだよ…。

もぉ…。

これって結構、精神的に辛い…。



よし!

一気に登ってやる~



オラオラオラ~



アドレナリンでまくり。

うぉ~



ガスって来たぜ~

おらぁ~



到着。

小至仏山。

プチ縦走でした。

よ~し。

今度こそ後は下るだけ!

先ほどいた至仏山はガスの中。

ありゃ、雨降ってるね…




よく、整備されてる事。


永遠と続く大嫌いな丸太の階段。


お~雪が近い~


斜面にお花が咲き乱れる。

疲れているせいか綺麗と感じる笑



途中、プチ湿原が現れる。


階段が終わったかと思えば今度は木道。




あ~下りがしんどい。

いや~久しぶりに嫌になった来た…。

この重いザックのせいか。

12.3キロかな?

辛いぜ…

あと二キロ?



足が痛いよ~。





階段も木道も嫌だって思ったけど普通の道も嫌だ~。

花~。

うん。

どーでもいい笑



雪~。

うん。

どーでもいい笑



怪しい雲行き~。

うん。

すげー。

ピンポイントに雨が降っているのが分かる。


あと一キロ!

20分くらい頑張ればいいんだな。



ぬかるんでるとこに気を使って丸太が置いてあるけど不安定過ぎて風雲たけし城みたくなる笑




人、発見。

抜かしてやろうと意味なく張り切る。


うん。

早くて抜けない…。

そして…。

ついに~


ゴール!



もう、足が棒。

歩きたくない~。

あ~疲れた…



ダメだな。

こんなんじゃテント背負って北岳登れないよ…。

ふ~ん。

行に乗って来たワゴン車にのり車がある駐車場に戻る。



靴脱いだこの瞬間、幸せ~

新品の靴もこの通り…。

お腹空いたのでカップラーメンを食べる。

今回も尾瀬、惨敗。

悔しい~。

百名山の燧ヶ岳があるから少なくてもあと一回は尾瀬に来るだろう。

どうしてもこの風景を見たい。

来年だな…。

尾瀬リベンジ!

日光白根山と尾瀬至仏山の旅、3日間でございます。

本日2日目

1日目は道の駅、白沢に車内泊。

⇒1日目 日光白根山のブログはこちら


温泉あるはトイレが綺麗だわクオリティが高い。

また、機会があればお世話になりたい。

詳しくはこちら↓

⇒望郷の湯






朝、あたりの物音に目を覚ますがまだ四時半。

もう一眠り。

そして、一時間後…。

ぐっとモーニング。

寝る時は暑く寝苦しかったが窓を少し開けたお陰で夜中は涼しい。

いや、寒いくらい。

タオルケット羽織ってちょうどいい。

何度か目が覚めたが全然。

車内泊にしたら上出来でしょ!




車内泊した車が一杯いました。

キャンピングカーいいな。

テレビみてましたよ…。

いや~朝が気持ちい。

清々しいね。

6時過ぎに道の駅を出発!

お世話になりました。

ありがとう!

曇っているが遠くのほうは青空!

予報も晴れ!

そして、梅雨明け!

期待せずにはいられません。

40分くらいかな?

尾瀬第一駐車場に到着。

マイカー規制が行われているため、ここに車を停めて鳩待峠に向かいます。

一時間ほどまったり&準備をして…。



55Lのザックパンパン。

75にすりゃ良かった…。


ん~雨が降ってきた。

まぁ、予報は晴れだからすぐやむでしょ。

券売機で切符を買います。


片道900円。

バスで25分くらいでしょうか?

椅子に腰掛けようとしたら…



っあ、おにぎり落ちてる~。

周りをキョロキョロして…。

辞めました笑



バスっていってもワゴン車


9人乗り。

人が集まればすぐ出発です。

そして、鳩待峠に着きました。




雨は勢いを増すばかり…

ここまできたんだからしゃーない。

きっと雨はやむだろう。

ってことでレインウエアと折りたたみ傘を片手に出発。




今日は鳩待峠から山の鼻までの一時間くらいのコース。

標高差200Mを下って行きます。

まぁ、楽勝です。



雨で木道が非常に滑りやすくなってる。



歩き始めて5分。

思いっきり転けました。

抵抗する暇もなく気づいたら綺麗に木道の階段に座ってました笑



尾瀬らしい木道が続きます。



ん~微妙に歩幅が合わない。

足が短いのかしら?



途中、お花がありました。

名前は知りません。


木道を進んで行くと視界が開け至仏山に残る雪が見えました。




7月の雪に感動。

そしてテクテク歩くと大きな石が現れる。

あなたならどちらへ進む?



私は右へ行きました笑

別にどちらでもいいんですけどね。




一級河川の川上川を超えて行きます。



後から知ったのですがここはクマの出没ポイントだそうです。

知らなくて良かった~

そして50分で今日の目的地に到着!





ここでテント泊の手続きをします。

嬉しいことにチェックインとかないみたい。

まだ、誰もいない~。

場所選びたい放題!



さっきまでの雨は上がり薄日がさしてきました!

よし、今日はここ!



設置完了


そしてお昼からいただく。

この間の教訓を生かしザックに入れ持ってきました。



そしてそしてお腹が空いたので得意のシャケのホイル焼き~。

いや~すっかりはまりました!

ん?

あれ?

やってしまった。

がびーん…。

アルミホイル忘れた。

しゃーない。
シャケのフライパン焼きに変更。



うん。

味は完璧。

フライパンでもアルミホイルでもなんでもいいや笑

お腹いっぱいに、なったとこでお散歩

念願の尾瀬ヶ原を歩いてきます。

るんるん♪



振り返れば



至仏山



わ~お花がいっぱい




アヤメちゃん?

ん~わからん。



これは分かる!

ニッコウキスゲ。

7月中旬から下旬にかけて見頃だって。

まだ、早いね。

お花に夢中になってると突如、左足に鋭い痛みが…。

二回、三回と鋭い痛みが左足首付近を襲う。

慌てて靴を脱ごうとしたら靴の中から蜂?らしきものが出てきた。

蜂に刺された様だ。

その後、何度も鋭い痛みが襲う。

まだ針が刺さったままなのでは?

ってことでウッドデッキで靴下を脱ぎ確認。

赤くなってるだけでなんともない。

それでもまた、鋭い痛みが…。

もう、歩く気なくなってテントに戻ることに。

すると雨が…

ってか土砂降り~。

足の痛みを忘れ走って戻る。

靴が濡れない様にシートかぶせて…。

2時間くらいテントでぼーっとしてました。



やることがないので目の前にあるビジターセンターへ



出会ってしまいました笑


ツキノワグマ



どうやら帝王切開しているようです笑



思ったより可愛いじゃないの?

体長130cmくらいだって。

なんだ…。

くま=2m以上って想像してた笑

それでも爪とか凄いね。

シャーってやられたら痛いね。

そしてみなきゃ良かった情報…

はい。

クマ出没ポイント。






っあ、さっきのアヤメちゃん、ヒオウギアヤメだって。


いまテント張ってるとこ。

思いっきり出没ポイント…

一気にテンション下がる

明日登る至仏山。

途中のコースも出没ポイント…。



小心な私…。

どーしよ。

今日は小屋に泊まろうかな?

いやでも、せっかくテント持ってきたんだし。

危なかったら小屋の人は小屋に泊まることを絶対進めるし…。

弱気な自分と強気な自分が葛藤してました。

とりあえず様子をみようってことで他の動物の剥製をみる






あ~やっぱクマ怖い。

一時間くらいここで時間を潰したでしょうか?


外に出ると晴れ~



このまま行けば星がみれる。

七夕に天の川~


暇だからバードウオッチングに

っあ、カチカチやるカウンター忘れた…



歩いてるとり。



うわ、なんだこの鳥。

初めて見たと思ったら、ツバメの巣に戻って行った。



でっかい鳥

カッコウかしら?

バードウオッチングから帰ってくるも他にテントは張ってなく貸し切り状態。

まずい。

このままだと一人で野宿だぞ。

ん~。




腹をくくるか。

よし、一人で寝てやる。

ツキノワグマは非常に臆病。

その言葉を信じる!

もし、現れたら三脚でフルスイング!

体長130cmだったら殺されはしないだろ。

せいぜい、シャーってやられて大けが…。

よし、戦ってやろうじゃないか!

勝ったら取材殺到だな笑

気温もだいぶ下がってきた。



5時過ぎたんでそろそろ夜ご飯か?

はい。

カレーでございます。



ん~ボンカレーは好きじゃないみたい。

ご飯を食べ終わりまったり。

小屋からは宿泊者の楽しそうな笑い声。

テントではクマに怯える私。

実に対象的である。

三脚でぶっ飛ばす作戦で行くと決めているがやっぱ心配。

そこで思いついた!!

iPhoneで音楽を流して寝る作戦。

クマは音に敏感だとか。

こちらの存在を知らせれば向こうから逃げて行くらしい。

よし、その作戦で行こう。

私はここにいますよ作戦!

テント泊で爆睡できるとは思ってないので多少の寝不足は覚悟である。

その作戦でホッとしたのかこの日は九時前に夢の世界に落ちました。

日光白根山

日光白根山と尾瀬至仏山の旅、3日間でございます。

本日1日目

朝、8時前に家を出る。



通い慣れた通勤路をどんどこ進み日光方面を目指す。



いろは坂手前のセーブオンで休憩~。



セーブオンのアイスが美味しんだよ~。

そしていろは坂~



『い』



『ろ』



『は』



『に』



『ほ』


ってもういいよね。

事故っちゃうわ。

でもこのみどり、みどりがいいね。

きもてぃ~



「いろは坂」の名称は、第一いろは坂と第二いろは坂の二つの坂に存在する48のカーブを、いろは48音に例えてるらしい。

登りは「い」から「ね」までの20のカーブ。

下りは「な」から「ん」までの28のカーブ。


ナビでみるとこんな感じ~。

運転してても気持ち悪くなる~笑

たまにカーチェイスも始まる。



開始三秒で決着がつきました。

そしていろは坂終了。



目の前には男体山!



二荒山神社、日光の街並みをスルーして戦場ヶ原方面に向かう。



左手には中禅寺湖。



そして戦場ヶ原。

日が昇る朝一が幻想的なんだけど朝一じゃないのでスルー。

戦場ヶ原を抜けながら大好きなカプリコを頂く。

うんまい。



途中、綺麗な景色だったので車を降りて写真撮影。

風が強し。

そして半袖短パン寒し。

そそくさと切り上げ車に戻る。

ん~生で見たら綺麗だったのにな…。



はーい。

目的地の丸沼高原につきました。





準備しておNEWの靴で挑みます。





登山カード書き書きして。


ロープウェイに乗り込む。

閉所恐怖症、高所恐怖症にはしんどい時間です。

パニックにならないように心を落ち着かせ乗り込む。



お一人様。



あー怖い

スマホいじったりして、なんとか気を紛らす。

これ一人じゃなかったら絶対乗れてない気がする…。

そして到着。

到着するとおばちゃんご一行様がみんなでコンタクトを探してるではないですか?

近くに行くと違ったみたい。

みんなで四つ葉のクローバー探してた。




今日の頂を眺める。

すげー頂上がギザギザしてて絵で書く富士山みたい。



さて、出発。

っとその前に風があって寒いので一枚羽織ることに。

よし!

出発。





鳥居をくぐりすぐに本殿がありました。



その正面に怪しげな門がありそこを通る



鹿よけだかなんからしい。

っで、足場がぬかるんでる道を進む。




ただただ、進む。

コースタイムより半分で通過。



誰もいなく薄暗かったのでちょっと早歩きになってしまったか?

大嫌いな丸太の階段。

歩幅が合わなくとにかく疲れる。



途中、頂が顔を見せるが頂上はどうやらガスってるみたい。


風が強く木と木がぶつかる音、ごぉーごぉー音を立て山が怒っている様で怖かった。



UFOが降りてきそうなポイント発見!

そこだけ光が当たってて神秘的だったわ。



それでもトトロの森は長く、変わらない風景に飽きてきた。



何山でしょうか?

わかりません。



やっぱ晴れ女健在!



雲が近い~

って思ったのも束の間。



なにもみえましぇん

途中、お花が咲いてました。




もちろん名前は知りません。

トトロの森を一時間くらい歩きついに森林限界を突破!



突破したのはいいけどなにも見えない~



ん~曇ってきた。

んあ~ガレ場嫌い…




あと300m






わぁ~200m


しかも晴れてきた!



お釜。

野球できそう!



てんとう虫。

しかもでかい!

けど写真じゃ大きさが分からない。

残念。



あと少し!



みんなどんどん上がってくる

そして…。



さぁ~んかくてん!

そして、そして。



SHIRANE SAN

優しい人が撮ってくれました。

ありがとう!



景色も最高!

風もおさまったし晴れてきた。

晴れ女♪晴れ女♪



男体山と中禅寺湖!



エメラルドグリーンに輝く五色沼

お決まりのカップラーメン!



なんでこんなに美味しいのでしょうかね?

教えてください。



めにーめにーぴぃーぽー&ガスってきたので下山します。

写真撮るの忘れてて慌てて撮った写真。

どうぞ!



意味なし



ぼけぼけ~



虫がいっぱ石にいるのわかります?

きもきも~



ダッシュしたくなる。

でもしなーい。

はい。

到着。


下山はこんな感じであっと言う間です笑

でも下山のほうが体的にしんどい。

お手てを洗いお水をいただく。



うんまい。



そして、汚れた靴を軽くあらう



そんでロープウェイに乗って帰る。





小鉄がちゃんと待ってる。



そんで、沼田市の道の駅、白沢にきた。

温泉♪



めっちゃ綺麗で高級な旅館にきたみたい



料金は時間制



1時間っていうながほしいね笑

やっぱ綺麗




そんで今日はここに車内泊。

明日朝、尾瀬に向かいます。


おしまい。
プロフィール

らくだ23

Author:らくだ23
一人が好きで独りが嫌いです。

お酒を飲むと斑点がでます。

笑っちゃいけないときにわらっちゃます。

耳栓がないと寝れません。

いつもなんとかなると思ってます。

高所恐怖症です。

寝るときはうつぶせです。

すぐ、体調が悪くなりトイレとお友達になっでしまいます。

やりたい事がいっぱいです。
死ぬまでにやりたい100の事(100超えてしまってます笑)

趣味:山登り、島巡り、一人旅
過去の旅

特技:ソフトボール
チームを作り今も続けています。
いっつめん




Instagram

Twitter
Instagram
Powered by 複眼RSS
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR