2013 御嶽山ともろもろ 2日目 後半

⇒0日目のブログはこちら

⇒1日目 前半のブログはこちら

⇒1日目 後半のブログはこちら

⇒2日目 前半のブログはこちら

無事、御嶽山登山終了。

まだ、10時前である。

とりあえずこの後の予定は帰り道に霧ヶ峰と蓼科山と美ヶ原にいく予定。

今日はここから再び来た道を戻り霧ヶ峰に登る。

ひとまず荷物を整理する。

膝は平気だがだるい、ねむい、頭痛い。

よし、今日は移動だけ。

美ヶ原は諦めてあした、霧ヶ峰と蓼科山に登ろう!

そう決め御岳ロープウェイを出発。



途中、温泉に寄る。



去年、ここの温泉に入ったが温質が私には合わない。

鉄くさいのは苦手で。。

飲泉可っと言うことで飲んだがとてもじゃなくしばらく気持ち悪くなったという苦い思い出の温泉。

ってな事でここはスルー。



はい。

ここにいってみます。

どんなもんだか分からないがチャレンジ!



まぁ~道が悪いこと…。

安いタイヤなので気を使います笑



けやきの湯。



婦人浴室行ってきます。

中にはいると一人のおばあちゃんが入ってました。

こんにちわ~といいながらなかにはいる。



おっきくもなく汚い感じ…笑

疲れた後の温泉。

なんでこんなに気持ちいいのでしょう。

幸せです。

その後、再び車を走らせ伊那から高速に乗り諏訪まで行く。

お腹空いたんでお決まりの回転寿司に入る。



お寿司大好きです。

毎日お寿司でもいいです。

お腹いっぱいになったとこで食料を買いに近くのスーパーへ。



スーパーマーケットおぎの

明日の食料を買う。

果物が無性に食べたくなったのでパイナップルを買う。

車で移動をするものにとってこの氷のサービスはほんと助かる。



今まではコンビニで氷を買って溶けたら捨ててたからほんと助かります。

その後はコインランドリーに行き洗濯。



その間にブログ書いて写真を整理する。

1時間ほどで洗濯は完了し再び目的地に向けて走り出す。

山道を登って行きます。

頑張れ小鉄!

そして広い草原に着きました。



どうやらこの辺が霧ヶ峰高原らしい。



なんにもないわ。

ただ景色がヤバイ…。



左に八ヶ岳、右に南アルプス。

そして真ん中に富士山。



ものすごいところにいるんだな私…。

こりゃ、ここでも星が綺麗に見えるぞ!



そして今日はここ霧の駅で車内泊。

ここ霧の駅は長野県茅野市と美ヶ原高原美術館を連絡する観光道路ビーナスラインにあるドライブイン。

今日はここに泊まって明日の朝一に、霧ヶ峰と蓼科山に登る予定…。

まぁ~どこまでも続く道。

ライダーさんがいっぱいですわ~。



諏訪ICから蓼科、白樺湖、車山、霧ヶ峰、美ヶ原高原へと続く信州でも人気の総延長75km、平均標高1400mの高原ドライブコースらしい。

車でこんなに気持ちいんだからバイクはもっと気持ちいいんだろうな。

いや~助手席に乗って景色を見たいわ~。

朝、早かったせいかぼーっとしてたら寝てしまった。

一時間ほど爆睡…。

窓から外を見るとさっきまでいっぱいあったバイクや車が数えるほどに…。

さらに17時になりお店が閉まる。

止まってた車、バイクが一台、また一台と立ち去る。

そして…。

ついに小鉄だけに…。



マジ??

えー。

あー。

ここで一人さみしく車内泊する?

えー。

怖い…。

実はこう見えて結構、怖がりの私です。

ホラー映画とか見れません…。

お化けとか信じます…。

ん~悩む、悩む、悩む。。。

せっかく長野まで来たのに帰っちゃうの?

今から帰ったら真っ暗な峠を越えなきゃいけない。

ん~それも怖い。

えーどーしよう。どーしよう。

年に3回の優柔不断です。

窓の外を見る。

真っ暗。

誰もいない。

怖い~。

どーする?わたし!

ん~

来週からのタイ出張の用意もしてないしな~。

山は逃げないしな~。

よし。

帰ろう。

帰り道怖いけど帰ろう。

はい。

エンジンかけ出発!

うは~。

栃木着くの22時だって。

っま、明日休みだしまいっか。

まぁ~予想通り山道は明かりもなく怖い。

唯一の救いがテレビが映ること。

これには助かったわ~。

出発して1時間半くらい?

無事、夜の峠を越えることができた。

途中、信号待ちしてていきなり隣に鹿が現れた時はほんとに死ぬかと思った笑

鹿が期待してたリアクションをとってしまった…。

佐久南から高速に乗り一気に真岡まで走らせ今回も終わりがぐでぐでな感じで終わった…。

10月はタイに出張の為、山はお休み…。

紅葉の一番いい季節に山に行けないなんて…。

悔しい。

帰ってきたら東北の山に行きまくってやる!


2013 御嶽山ともろもろ 完


☆☆ 今日のデータ まとめ ☆☆

日時 : 2013年9月29日 (日)
天気 : 晴れ
場所 : 御岳ロープウェイ→伊那IC→諏訪IC→霧の駅→佐久南IC→真岡IC
走行距離 : 358.4km
走行時間 : 不明
総走行距離: 704.4km
歩行数 : 12286歩
歩行距離 : 7.98km
 

出費
伊那IC →諏訪IC 500円
温泉 400円
かっぱ寿司 630円
スーパー 1111円
洗濯 500円
佐久南→真岡 2100円
ガソリン(@146円) 4885円

↓拍手お願いします。

ブログを書く活力になります!!
スポンサーサイト

2013 御嶽山ともろもろ 2日目 前半

⇒0日目のブログはこちら

⇒1日目 前半のブログはこちら

⇒1日目 後半のブログはこちら




朝4時過ぎ。

周りのガサガサする物音に目が覚める。

本当は3時くらいに起きようかと思ったが前の日にいい写真が撮れたからゆっくり起きることに。

これが正解だった。

月が現れ星が昨日より綺麗ではなかった。

って言っても半端ない星。

頂上には2.3人しかおらず、星や月、そして、何よりも「静寂」を楽しめる贅沢な時間。

「有る」ことよりも、「無い」ないことを楽しむ。




そしてこの時の気温3度。

時たま風が強く体感温度はマイナス…。

下は3枚。

上は4枚。

ニット帽にネックウォーマー。

手袋にホッカイロ。

防寒対策は完璧だが寒い…。

日が昇るまで1時間以上ある。

寒いけどぼーっと見上げる星空悪くない…。


あたりは真っ暗なのに一眼レフで撮ると綺麗なグラデーション。



漆黒の闇の中、東の空が薄皮一枚ずつ剥がれるように明るくなり始める。

光もなく寒さに閉ざされ、何も変化がないように思える瞬間にも、新しい未来の準備は静に始まっている。

調子に乗ってパシャパシャ撮りまくってたら電池マークが一個になってしまった。

恐らく寒いのも影響しているのだろ。

小屋に戻れば予備のバッテリーはあるが撮りに行くのがめんどくさい。

寒くて足の指の感覚おかしいし…笑

ん~素敵。

北斗七星と街並み。



徐々に赤くなってきて遠くにある山々のシルエットがくっきりと浮かび上がってくる。



このグラデーション好きよ。

甲斐駒の山頂からも…。


富士山の山頂からも…。


一体、どんだけの人が寒さに耐え忍んで御来光の瞬間を待ちわびているのだろうか?

眼下には水墨画を見るような大パノラマの 雲海が広がる…。






素敵な御来光になる為の舞台は整った。

未だ昇らない太陽が、地平線の下から上空の雲を赤く染め始めた。



太陽は約2分で、その直径分を移動する。

凍てつくような寒さの中、その瞬間を見逃さない様に、今か今かと固唾を呑んで御来光を待つ。

そして…。

待ちに待った御来光。



さっきまでじれったくなかなか出てこなかった太陽もあっという間に顔を出す。







頂上は真冬の寒さだ。

少し風が吹けば体感温度は氷点下まで下がる。

しかし、太陽が昇ると一転してポカポカ。

日頃忘れがちな「おひさま」のありがたさを実感する。



薄いガスが流れて歓声がこだまする。

思わず手を合わせて涙ぐむ女性、万歳三唱を始めるツアー客達。

皆、特別な瞬間を思い思いに楽しんでいる。




1億5000万キロの宇宙から8分かかって届く光と熱が、全ての生命を育み、山頂でたたずむ私の心を揺さぶっている。

感無量とはこういう事なのか?

御来光そのものも美しいが、その少し脇に目をやると、刻々と変化する雲や朝焼けのグラデーションも絶景であると気づかされる。




山頂が「太陽力」に満たされ始めた。

全身の細胞一つ一つに、ソーラーパワーを充電する。

御来光は必ず見えるとは限らない。

天気が良すぎても優等生的な御来光は逆にダイナミックさに欠けるという一面もある。

一期一会の御来光が忘れられない。

これがあるから苦難を承知で毎年、御嶽山に登るのだ。

過酷な登山の苦しさも吹き飛ぶ瞬間だ。

下界では体験できない神秘的な光景に大満足。

来年またこよっと。

朝ごはんは無しなのでパッキングをしてそそくさと下山します。



さっき登り始めた太陽がもう、あの高さまで登っている。

膝が爆発しないよう願いながら下山開始。



ん~気持ちい。



さっきまでいた山小屋がどんどん小さくなっていく。

下山開始10分。

そう。

あいつはやっぱやってきた。

足をついて蹴り出す時にやってくる。

まだ下山開始10分だぞ…。

きっと気のせいと自分にいい気かせる。

病は気から…。

気づいたらあいつはどっかに行っていた。

再び襲いくる恐怖に怯えながら下山。



景色が最高だ。



紅葉ポイントも何度見てもすてき。



8合目に到着。

ここでひと休憩。



雪の宿を食べながらぼーっとする。

なんだかさみしい。

さてと残り1時間弱、頑張りましょう!







本日もぴっかーんの天気。

最高。

青空に紅葉。

素敵ね。

下山開始して2時間10分。



ロープウェイ乗り場に到着。

ここから見える、幻の滝。

本日も見えた笑



もう幻じゃないね…笑

毎年、行きと帰り計6回も見えてるのだから…。

そして2013御嶽山が終わった。

夕焼け、星空、御来光どれも最高に素敵だった。

圧倒的な開放感と達成感。

心身の奥深くに滞った汚れを浄化してくれるような気がするこの山。

また、来年きます。

パワーアップして帰ってきます。

素敵な出会い感動をありがとう。

やっぱ山は最高!!!

この後は霧ヶ峰方面に向かいます。

⇒御嶽山での写真はこちら



↓ぽちっと拍手お願いします。

ブログ書く活力になります!

2013 御嶽山ともろもろ 1日目 後半

⇒0日目のブログはこちら


⇒1日目 前半のブログはこちら


登頂を終え夕食までしばし暇人。

この日の夕食時間は17:00

ご飯までだいぶ時間がある。



本日は女性のみお風呂に入れるそうだ。

って言っても毎回入らせて頂います。

ってなことで3000mでのお風呂!

これが超最高なのである。

この山小屋を選ぶ一つです!



決して立派とは言えないお風呂だが冷え切った体を温め、疲れた体を癒すのには最高なのである。

私が入るのと同時に追い炊きがはじまる。

顔を洗い体を流す。

そして右足から入る。

まぁ、深いこと…。笑

っが…。

熱い。

耐えられないほどでもないけど熱い。

我慢して肩まで浸かろうとするが熱い。
諏訪湖で入ったお風呂も熱かったけどそれ以上だぞ!

軽く50度はいってるだろう。

しばらく湯船を眺める。

追い炊きが終わるのを待っているのだ。

桶で熱湯をすくいこそっと蛇口をひねって水を出し肩からざぶーーん。

気持ちいい。

でもそれは一瞬。

すぐさま寒さが襲う。

また、熱湯をすくいこそっと蛇口をひねって水を出し肩からざぶーーん。

何回繰り返しただろう。

追い炊きは、一向に止まる気配はなくむしろ熱くなる一方。

手を入れて反射的にあちってなるくらいだから70度は行ってるのではないか?←決して大げさではない。

めちゃんこ寒くなりこれ以上の癒しを求められないと判断し早々と引き上げる。

あ~このお風呂を楽しみにしてたのに。

仕方ない。

本日の、山小屋は大混雑のようです。

1回目は個室に一人。

2回目は個室に知らないおばさんと、2人。

そして今回、約40畳はあろう大広間に30人…笑

その画がこちら↓



これは寝る前ね。



まぁ、こんなところで荷物整理したり寝っ転がったり…。

時間を潰すがすぐ飽きる。

ってなことでカメラ持って再び頂上へ!



この階段がきついのよね…。

やっぱ頂上からの景色は何度見ても最高!



光の輪が現れブロッケンが出そう!

期待したが出なかった。

ブロッケンとは太陽などの光が背後からさしこみ、影の側にある雲粒や霧粒によって光が散乱され、見る人の影の周りに、虹と似た光の輪となって現れる大気光学現象。

はい。

Wikipediaからの抜粋です。

初めての御嶽山に登った時、この現象を、見ることが出来たのです。

今回も光の輪っぽいのが現れたんだけどダメだった。

西側の空を見ると目の前に大雲海が広がっていた。



めっちゃ、綺麗だった。



雲の上に乗れそう。

こりゃ、夕焼け期待出来るな。

うふふ。

楽しみ~。

17時になり夕食です。



霊峰と言う事で肉類は禁止されとても質素なご飯です。

ただご飯と味噌汁がめちゃんこ美味しくて、普段あんま食べない私ですが2杯もりもりいただきました。

そんくらい美味しいのです。

ちゃっちゃとご飯を食べ、夕焼けを撮るために場所取りです。

時間が経つに連れ雲海は厚くなり2000m後半の山々しか見えなくなる。



これは多分、中央アルプス。

素敵すぎる。



眼下に広がる火口口。

今もなお噴煙を、あげてます。

このせいか知らないが若干、頭が痛い。

はい。

無駄にパノラマ撮影。



そして…。



日の入りはいつがそのタイミングなんだがよくわからない…笑

いま、って思ってもまた雲の間から光を放ち、まだ周りが赤いと思ったらそのまま太陽さんさよならになってしまったりと…。

とりあえず一番よく撮れた写真↓



去年、見れなかった夕焼けを見れて大満足。

こんな最高な景色を見てしまったら星空を期待しない訳がありません。

比較的朝の方が綺麗に見えるので明日の朝に撮りましょう。

ってなわけで山小屋に戻った。

そしたら布団が一斉に敷かれ楽しそうになってた。



いつものごとく、トラベルシーツ持参で…。



まだ、18時半…笑

でも眠いんで寝る。

って事で眠りについたがなかなか寝れなくて…。

若干、頭痛いし、寝る体制が決まらない。

もやもやしてきたのでとりあえず外へ。

すると眠気が一気に覚めた!

なんとそこには無数の星が…。

星が降ってくるってこういうことなんか!

ピューピュー星が流れてる。

あーって思ったらそれは人工衛星だった。

大興奮しながら山小屋に戻りカメラと三脚を片手に頂上へ続く階段を駆け上った。

そして、死んだ…。笑

心臓ばっくんばっくん。


そんな中撮った写真がこちら↓

画面の明るさを最大限にして見てもらいたい。

そして室内でみてもらいたい。



天の川がはっきりと写った。

ブログだと画像が悪くなるので後でリンクするFacebookで写真を見てもらいたい。



気持ち悪いくらいの星。

こんなに星はみたことない。

なんかすごい。

よくぶつかんないね…。

そして星空と名古屋の街並み。



素敵すぎる。

ほんと幸せ。

頂上は砂利が敷かれ神社となっている。

そこに大の字になりながらただただ星を眺める。

ずーっと見てられる。

でも寒いから無理…。

大興奮冷めぬ中、小屋に戻り21時前に夢の世界へと落ちました。

ここまで、夕日に星空と2連勝。

御来光にも期待です。

☆☆ 今日のデータ まとめ ☆☆

日時 : 2013年9月28日 (土)
天気 : 晴れ
場所 : 諏訪湖PA→伊那IC→御岳ロープウェイ
走行距離 : 90.1km
走行時間 : 1時間30分
総走行距離: 346km
歩行数 : 9897歩
歩行距離 : 6.42km
 

出費
諏訪IC→伊那IC 500円
セブン 280円
ロープウェイ 2160円
山小屋(夕食付き) 7000円

2013 御嶽山ともろもろ 1日目前半

2013御嶽山!

本日、4:45起床。

あたりはまだ真っ暗っす。



身支度を整え5:30出発!



懐かしい道を通り約1時間半で御岳ロープウェイに到着~。

用意をします。



天気は最高です!



紅葉も最高です!



ここからロープウェイで7合目まで行けます!

もちろん乗ってきます~。

っお、モンベルのフレンドショップじゃないですか?



ロープウェイ代が10%OFFになります~。

いえ~い!



っさ、恐怖のロープウェイに乗り込みます。

閉所恐怖症、高所恐怖症。

ロープウェイは夢のコラボです…。



用意したら荷物こんなに多くなっちゃった。

12.3キロかな?

がんばるべさ~。



ん~景色が綺麗~



20分くらいかな?

降車駅に着きました。

ここから幻の滝が見えるらしいが…。



みえた~。

ってか、本当に幻なの?

去年も一昨年も見えたし。

ん~。感動が少ない。

っさ、準備を整えて出発です!



膝に優しいウッドチップの道を歩いて行きます~。



整備された道をどんどこ上がっていく。

心臓ばっくんばっくん半端ない。



土曜とあって人が多い。

汗ぽたぽだ。

何気に暑い。

御嶽山は霊峰のため白装束をきた人がシャンシャン音を鳴らしながら登って行く。



異様な光景。

そんな白装束を抜きながらどんどん登って行きます笑

一時間弱で8合目に到着。



紅葉がいい具合です。



景色も最高です。



奥には槍ヶ岳、手前には乗鞍岳。



てっぺんはまだまだ、ずっーーと上の上です。

休憩しながらせんべいを頂く。

雪の宿うまいのねん。



霊峰とあってあちらこちらに鳥居と銅像が…。





こわっ!

ん~まだ富士山見えない…



ようやく森林限界を超えたのか?

視界が一気に開けてく。



そして、目の前にどーん。


今年もこの季節がきました。

燃えるようなとは行かないがなかなかの色付き。

ただ枯れてるだけなのになんでこんなに綺麗なんだろうね。

写真を撮ってもらったけどこんなにアップじゃなくてもいいのに…笑



ん~ここからやや疲れが…。

立ち止まる回数が多くなってく。



てっぺんはまだまだ。

はーい。

出発して2時間程で9合目に到着。



疲れたので長めの休憩。

ただぼーっと景色を眺める。

これが超気持ちいい。

なんだけど汗も冷え寒くなってきたので再び出発!

また仏像?銅像さん。



怖い。

目が動きそう…。



がれ場をどんどこ登ってきます。

ようやくてっぺんが見えてきました。

ただここからが長い。



振り返ると日本で一番高いところにある池。

一の池



万年雪も去年より多い。

っさ、最後の力を振り絞って登って行きます!











はい。

3時間9分で到着。

去年よりきつかった…。

って思ったら去年より1時間くらい早いペースだった。

うんうん。成長したんだな。

とりあえず荷物を降ろし休憩。

その後、お腹が空いたのでカップラーメン片手に頂上へ!

頂上へ続くこの階段。

まぁ~きついんだわ。



頂上に着いたと、思ったら激混み。



なもんでちょっと降りたところでカップラーメン!



うん。

ちょっとこの味、飽きてきたかな?

その後、コーヒーを頂くがお湯を入れる前に粉が入ったコップを倒してしまい、ものすごい少ない量のコーヒーとなってしまった笑。

再び山頂に戻り写真を撮る。

3回目にして初めての写真。



一の池が綺麗すぎる。

なもんで、登山靴に履き替え苦しみながら登ってきた道を下ります。

はい。

あまりにも綺麗な一の池に行くためです。



20分くらいで到着。



水はものすごい綺麗でものすごい冷たい。



もう、雪は溶けないんだろうな。


そんな雪を見ながらぱんぱんになった雪の宿とチョコパイを頂く。



うまい。

そして再び小屋へ続く長く険しい道を登って行く。

ただ荷物が格段に軽くなった為、苦しいが嫌になる苦しみではない。



そして小屋に着きトイレ。

他の山小屋に比べたら比較的綺麗なトイレです。

ただ物凄い高度なテクニックが必要になります。



奥は小便。

手前は大便。



おしっこをする際、前の方に座るんだけど小便のポイントが物凄い前にある為、壁にくっつきながら右、もしくは左に顔を向けなきゃ用が足せない…。

物凄い窮屈&落ち着かない。

山小屋のお兄ちゃんに女性のみなさん文句言いません?

って聞いたら、どうやらこの和式バージョンは男の人用らしい笑

男の人の小便用は普通に立ってする奴が設けてあるのでこっちが男の人用なんてわかるか!

んっで、女性用はこちら。



和式に比べたら助かるね…。

ってなことでブログが長くなってしまったので今回はここまで。

2013 御嶽山ともろもろ 0日目

はい!

2013 御嶽山、始まります~。

秋と言えば!ー

秋刀魚!

秋桜!

日本シリーズ♪

はい!

すっかり秋めいて紅葉の季節になってきましたね。

明確な四季の訪れがある日本。

やっぱりいいところだね。

地震と津波がなければほんといいところなのにな。

季節の移り変わりを感じる度に日本人に生まれてよかったと思う。

歳を追うごとに紅葉が、綺麗と感じるのは何故なんだ?

何故なんでしょう?

誰か教えてください。

さて、本日はこいつと共に出社です。



画像から運転の分析をしてアドバイスをくれるらしい。

お陰で姿勢はよく安全運転での出社となりました。

そして、今回も14時に上がらせてもらい会社からそのまま長野へ向かいました。

今日は諏訪湖SAに車内泊し明日の朝、御嶽山に向かい山に登って頂上にある山小屋で一泊。

感動的な夕日をみて、気持ち悪いほどの星空を眺めてお願い事をし、神秘的な御来光を見て拝み…。

イメトレはばっちりです!笑



っあ、やっべぇ~。

昨日ダイソーで買った観葉植物、家に置いてくるの忘れた~。



うわ、超邪魔じゃん…。

さて、14:15出発!

っとその前にドライブレコーダーの結果。



はい。

至って普通。

平均的っていうやつ。



ただ気に入らないのが、上り坂でアクセルを踏んで何が悪い!!

おばあちゃんが出てきてブレーキ踏んで何が悪い!





あ~おばあちゃん出てこなかったらもうちょっと点数よかったのに…。

っで、これらの分析によって頂いたアドバイス。

注意すべき事故形態:追突、出会い頭事故

だそうです。

はい。

このアドバイスを頭の片隅に入れ出発!!



毎回、毎回、ETCで入る時緊張するー。

ほんと嫌だ。

3週連チャンです。

北関東道好きだけど東北道嫌い~。

関越道好きだけど上信越道嫌い~。

宇都宮上三川から乗って約2時間、佐久南で高速を降ります。

先週登った浅間山。



若干、見たくないかも~笑

その後は山道をどんどこ、進んできます。

目の前にダイナミックな八ヶ岳が、現れる。

かっちょいい~。

いつかはあのてっぺん登ったる~

帰りに元気だったらこの左端っこの蓼科山に行ってくる。

元気だったらね笑



↓これ蓼科山。多分…。


とにかくなんにもない。

そんな風景にもよくある光景。

はい。

かかしさん。



でもね…。



なんか…。

変なの…。



ってか、リアル過ぎ…。

こんなん夜見てしまったらちびってまうがな…。

あ~怖い…。怖い。

下道走る事1時間半。

開けてきました。

あまりの寒さに厚手の靴下が欲しくなりゼビオに、立ち寄る。



誘惑がたくさんありましたが我慢し、靴下と粉のスポーツドリンク購入。

そして再び諏訪ICから中央道に乗りただいま諏訪湖SAです。



ここのSA。

なんと~。



温泉があります!



ただちょっと熱い。

48度ありました笑

ただ誰もいなかったので水を出しまくってやりました。



気になるお値段は575円と良心的。

だけどこの半端な金額が気になる…。



お風呂はそんなに広くなくシャワーは3つしかない。

お風呂も5人くらいでいっぱいな感じ。

温度が熱いので長湯も出来ずすぐ退散。

その後はごはん。

はい。

醤油ラーメン



いきなりラーメンが食べたくなった。

いただきまーっす!

箸を割るも不発…。



ありゃま。

そのまま食べてたけどあまりにも食べにくいので新しい箸を頂く…。

二発目。

はい。

不発。



もいいや笑

お寿司以外は特にこだわりもなく食べれれば満足なんだけど久々にまずいラーメンを食べました。

麺が伸びてんかな?

味も薄いし、これまた不発。

あした、早いから車に戻りましょ。

っとその前に諏訪湖の夜景が綺麗なので…。



写真じゃそーでもないね。



まぁ、実際そこまでじゃないんだけどね。

ってか、寒い。

大事かなこれ?

ちょっと、着込んで寝ないと風邪引きそうなパターンだわ。

さて、トイレ行って歯を磨いて寝ますかね。

あ~

楽しみ~


☆☆ 今日のデータ まとめ ☆☆

日時 : 2013年9月27日 (金)
天気 : 晴れ
場所 : 会社→宇都宮上三川→佐久南→142号→152号→諏訪IC→諏訪湖PA
走行距離 : 255.9km
走行時間 : 5時間(休憩、買い物含む)
総走行距離: 255.9km
歩行数 : 未測定
歩行距離 : 未測定
 

出費
宇都宮上三川→佐久南 3300円
ゼビオ 3493円
温泉 575円
ラーメン 580円
明日の朝ごはん 287円
ガソリン(@164円) 3000円

準備完了!

北風ピューピュー。

風ボーボー。

秋を通り越して冬の気配を感じた本日です。

っさ、明日は早めに仕事を切り上げて長野にGOです!

3週連チャンの上信越道→長野道です笑

なんとでもなれ~。

はい!

ついに本日、 9合目らへんが見頃を迎えたそうです!

http://www.ontakerope.co.jp/blog/



待ってろ御嶽山!!

ん~楽しみ!

天気も良さそうで!

あとは準備だな。

荷物は大体こんなもんで大丈夫でしょ。



かなりの冷え込みが予想されるので防寒対策には気合をいれた。

ホッカイロも持ったしOKかな?

食料も本日オープンしたベイシアで買い込んで完璧!



コストコ並み、いやそれ以上の激混みでした笑

3.11の震災で潰れてしまいようやく復活しました!

ガリガリ君が37円と最安値なのよね。

オープン初日ってことで安かった~。

とりあえず本日限りの品を購入!






いっぱい買ったのに写真忘れた~

きっと近くにあるビックは閑古鳥が鳴いてることでしょう。

っさ、荷物を車に荷物運んで今日は早く寝ましょ!

明日は7時出社や~。

今週末の予定

朝晩冷え込み涼しいを通り越して寒くなってきましたね。

もう、窓を開けて寝るのはやめましょう。

もう、シャーワだけはやめましょう。

もう、布団掛けないのはやめましょう。

今日はほんと寒い…。

さて、浅間山でおかしくなった私の左膝…。

昨日1日、家で死んでた為、だいぶよくなりました。

ただまだ、違和感あり。

下りの階段は普通に痛い…。

でも確実に良くなってます。

ってな事で週末、御嶽山に行くこと決定!たぶん。

3年連続の御嶽山!

⇒2011御嶽山

⇒2012御嶽山

ついこの間、苦しく、辛い思いしたのになんでだろうね?

頭悪いんだわな…。

苦しいこととかはすぐ忘れ、楽しい事のほうがおっきくなっちゃって笑

ん~。

確かに山は楽しいし気持ちいいし景色が最高!

ただこう言ったポジティブな感覚だけではなく,辛い、苦しい、もう死にそう、といったネガティブな感覚も山登りにはたくさんある。

時にはネガティブな感覚の方が多くなることもある…。
↑この間の浅間山ね…笑

こう言った様々な感覚が得られるのが山登りの醍醐味であり日常生活で中々味わうことのない充実感、達成感を味わうことができる。

自然という人間の力の及ばないものを相手にしていることがその充実感、達成感を増幅させ、そういった非日常での行動はその非日常具合が大きいほど充実感、達成感はより大きくなる。

辛く、苦しくてもこれがあるからやめれない。


2年前にこの山に登ってなかったら間違いなく山にはハマってなかったでしょう。

そこで見た、人生初の御来光をみた感動は今でも忘れない…。

なので毎年、必ず御嶽山に行くと決めてます。

同じ山に登ることで一年間の自分の成長が身を以て知ることができます。

それを感じるのも今回の楽しみの一つである。

ちょうど紅葉も始まり今週末には8分から9分となかなかいい感じのらしいです。

そして天気もいいらしい。

こりゃ行くしかないでしょ?

忘れ物しないように今から少しずつ用意をしていこう。

とりあえず、充電満タンの一眼レフのバッテリー。

そして、割り箸。

よし。

土曜登って一泊し満点の星と御来光を眺め次の日下山。

日曜は帰りはがてら霧ヶ峰と蓼科山。

共に3時間弱くらいで往復できるらしい。

そして何処かで車内泊し月曜日は美ヶ原。

っあ、月曜は有休ね…笑

美ヶ原は車で頂上へ行ける?

お店や観光地のところが既に頂上らしい。

ま~ドライブかな?

んっで、栃木に帰ってくる。

そんな感じの山行です。

しかし運転がめんどくさいな…。

3週連チャン同じ道通るなんて…。

山と自分が嫌になった…in浅間山 後編

山と自分が嫌になった浅間山。

後編です。

⇒前編はこちら

残り1キロ。

ウイニングロードを最後の力を振り縛り歩きます。



正面に立ちはだかる外輪山のピークが前掛山(2524m)。

火山ならではの荒涼とした景色が広がる。



そして頼りない避難シェルター。

浅間山が噴火した時に逃げ込めるシェルター。



手前の石?岩を見てもらいたい。

この焼けたでっかい岩が火口から吹っ飛んできたのか?

ほぼシェルターの入り口と同じくらい大きさ。

こんなんが吹っ飛んできたらもはやこのシェルター意味なしよね笑

しかもこのシェルターは筒抜けで、シェルターとして有効なのか??

溶岩入ってきちゃうじゃん…。

ここからは月世界のような荒涼・殺伐な光景。

火山特有の赤い山肌。



まさかこんな景色が広がっていようとは、麓から見上げていた時には知る由もなかった。

目指す頂へは、この岩壁の上をひたすら歩いていく。

この想像を絶するスケール感の中にあっては、人間なんてまるでアリンコ・・・いや、ゴマつぶぐらいにしか見えない。

運がよくこの付近は無風。

いつもはもの凄い突風らしい…。



そしてついに到着!



その辺にいたおばちゃんにお願いして、パシャリ。



一眼レフが完全に首飾りとなってます笑

とりあえず、座ります。



山頂からは360度の大眺望で、北アルプス、八ヶ岳、秩父連山はばっちり見え、南の方角は富士山や南アルプス、東は日光連山、北は上信越の山から東北の山まで見ることができます。

日本の名山を一気に見ることができる。

しかし木も草もまったく生えない荒涼とした山。

2500mぐらいの山では、いつも高山植物が目を楽しませてくれるが、活火山と言うのはこんなに寂しい山なのか。

自分の想像しうる「壮大さ」の範囲を超えこのスケール感にただただ言葉を失います。

そんなこと思いながらお決まりの…。



最高にうまい!!!

カップラーメン食べながら景色に見とれる。

あ~ここから下ってまた、あの外輪山登るのか…。



たまんねぇ~。

吊橋でも掛けてほしいわ。

20分くらいぼーっとして来た道を戻ります。



すっーげ。

こんなとこ歩いてきたの?

よく、崩れないね。

あー怖い。怖い。

ちゃっちゃと下りましょう!

休憩&下りとなった為、股関節痛はなくなり久々に快適な登山。

しかし、そんな快適な登山は長く続かなかった。

下山開始して10分後…。

左膝外側に鋭い痛み。

膝の関節の中で何かが挟まってる感覚…。

膝を曲げるのが痛い。怖い。

足首も痛い。

左足訳分からない…。

ロキソニン注入も意味なし…。

これから下って、登って、下るのに…。

っていっても歩かなきゃ帰れないし…。

一気にブルー。

ブルー過ぎて写真撮るの忘れた…。

登りより遅いペースで下り、なんとか難関を突破。

さっきまで見下ろしていた外輪山。

今度は下から見上げます。



真ん中のポコっとしたところまで登ります。

しばらく平地が続きます。

多少、痛みが和らいだものやっぱ痛い…。

20分くらい歩き恐怖の草すべり下まで来ました。



マジ鬼。

えげつない登りが始まります。

こんな急登初めてか?

ここを登らなければ帰れません。

どうか足よもってくれ~。

アドレナリン放出!

詰まってるのかごく微量のアドレナリンしか出てこない笑

1時間頑張ればいいんだな。

よし!

いったる!!



振り返ればさっきまで居た浅間山がどーん!



足元を見ながらゆっくりゆっくり進んでく。

あれ?

膝の痛みが消えた!

アドレナリン効果か?

っと思ったのもつかの間…。

今度は股関節の付け根が痛い笑

もう忙しいわ~。

どうやら登りは股関節が痛くなり下りは膝が痛くなるようです。

そして足首はずっと痛い…。

幸いにも股関節は筋が痛い感じなのでゆっくり休みながら行けば何とか行けそう…。

どっちにしろ足が痛くなくてもこの急登りは、休み休みいかないと無理だわ…。



確実に高度上げてます。

振り返ると…。



ひょえ~

おっかないわ…。

たくさんの人が登ってきます。

まもなく心が折れます。

嫌になってきた…。

あ~コーラが飲みたい。

飲みたい。飲みたい。

着いたらそっこう、飲んでやる。

コーラ飲みたい一心で頑張りました。

なんとか、ドーミの頭に到着。



まぁ~ここからの景色が…。



頂上付近の稜線を歩く人が見えます。

左側の白く見える道を下ってる人が見えます。

あんなとこから歩いてきたのか…。

人間って凄いね。

あとはここから1時間くらい下ればゴールです。

ってなことで30分くらい休憩。

大の字になって気持ちぃ~。

危うく寝てしまうとごだった…。

危ない。危ない…。

っさ、あと1時間頑張りましょう!

自分に気合い入れます。

はい。

表コース。中コース。



朝は表コースで来ましたが…。

景色が綺麗なんだけど一眼レフ使い物にならないからわざわざ行かなくてもいいかな?

ってか、中コースの方が早く帰れる~。

はい。

中コースに決まり。

ん?

失敗したか?

あまり整備されてない道。

そしてぬかるんで足場が悪い。



かと思ったら人工的に置かれたであろうタイルのようなわけわかんない石。



下り…。

はい。

あいつは再びやってきました。

鋭い膝痛。

あと少しだから頑張る。

ゆっくり歩いても痛い。

あと45分、この痛みに耐えるのか?

そんなの嫌だ…。

少しでも早くこの痛みから解放されたいという思いから走って下りる事を思いついた。

気持ち走った方が痛くないか?



そんな事ないみたい。

痛いもんは痛い。

でも頑張る~。

あと少しだもん…。

そして平らな道に出た。



ここを10分程歩きます…。

もう、平地でも足痛い…。

そしてついに…。



帰ってきました。



小鉄、ただいま~。

休憩抜かして7時間15分。

出発して8時間ちょっと。

一日でこんなに歩いたの初めて。

死にました…。

久しぶりに嫌になりました。

山にも自分にも…笑

とりあえずコーラが飲みたい。

荷物を降ろしサンダルに履き替え170円握りしめ自販へGO!

…え?



マジかい…。

売り切れ…。

しかも200円…笑

あー超飲みたくなってきた。

他の自販みるも炭酸は売ってない…。

仕方ない。

近くのコンビニまで我慢するか?

って思ったら左下にちっちゃいコーラが!

150円

一気に飲み復活!

超うめぇ~。

最高!

その後、着替え帰りに温泉って思ってたけど疲れちゃったのでそのまま帰りました。

途中、お腹空いたので…。



お金ないんでコンビニに寄りお金を下ろしてたらふくいただきました。

知らない地での1人回転寿司。

もう、全然抵抗なく入れます笑

お腹いっぱいになりスタンドに寄りガソリン入れて帰ります。

行きはノンストップでしたが帰りは波志江でハロハロ食べながら休憩。



その後、快調に車を走らせ無事に家に着きました。

ん~。

膝いてぇ~。

困った。困った。

このままじゃ、来週の御嶽山危うし…。

10月は山行けないからなんとか御嶽山行きたい。

とりあえず、2.3日様子見ましょう。

御嶽山紅葉が始まったらしいです。

↓去年撮った御嶽山の紅葉です。

山と自分が嫌になった…in浅間山 前編

本日、浅間山に行ってきました。

前日は佐久平で車内泊。

朝4時、目覚ましで目が覚める。

寝ぼけながら4:30にセットし直して二度寝。

そして再び目覚ましで目が覚める。

またまた、寝ぼけながら5:00にセットして三度寝…。

うん。

結局、起きたの5:30…笑

最初から5:30にセットして一発で起きろって話だよね。

朝、外に出ると…。



うわ、なんかガスってるし…。

しかも寒い…。

300円しかない中、コーヒーを買います。



でぇ~みぃた~す!

コーヒーを飲みながら歩いてると…。

ん?



ベンチに誰か寝てる~笑

いろんな人がいるもんですね…。

っさ、出発しましょ。



晴れじゃないの~??

なんでぇ~。

ちょっとテンションダウン↘︎

トンネルをいくつか越えるとガスは晴れ青空が顔を出した。

そして40分ほどで登山口である高峰高原に到着!

やばい…



この雲海みて!

あ~写真じゃ感動が伝わらないかな~。

わー富士山も見える!



なんで富士山を見るだけで幸せになれるんだろー笑

天気も良く最高の山行になる予感…。

ただ、久しぶりなので不安も多く…。

車で用意をします。

寒いのでダウンジャケットとダウンパンツをザックに詰め込む。

頂上で食べるカップラーメンも詰め込む。

一眼レフの電池を新しいのに替え…。

レンズも持ち。

三脚はどーすっかな?

ん~人も多そうなので誰かに撮ってもらえばいいか?

って事で車でお留守番。

用意が完了し出発です。



さっくりし過ぎでしょ?笑




爆発的に噴火したら困る~。

生きて帰って来れないじゃん…。

っま、地震とか頻繁に起こってないから大丈夫でしょ!

っさ、出発!



ん?

いきなりどっちだかわからん。

ゴールは一緒みたいなのでとりあえず右に進みます。




誰もいない…。

怖いよ…

なもんでiPhoneで音楽をかけながら歩きます。

せっかく登ったのに下ります。

そしてまた登ります…。



歩き出して30分。

変な雰囲気…

ん?

獣の気配か?

立ち止まり1人緊張…。

はい。

後ろから犬を連れた登山者が来ました。

良かった~犬で…笑



すいすい登ってやがる。

山ドックめ…。

その後、着実に高度を上げ景色が開けてくる。



景色が最高!

来週行くであろう御嶽山も見える!

すっげぇ~

日本アルプスが一望!

この景色を一眼レフで!

ファインダーを覗きシャッターを押すが無反応。

あれ?

ん?

あ〝ーーー



マジか?

充電器にセットしてあったバッテリー。

充電前だったのか…。

やられたわ…。

一眼レフ、使い物にならず邪魔。

すっげーショック…。

仕方ない、今日はiPhoneで頑張りますか…。

以下、iPhone Photoお楽しみください笑

ショックの余り無になって歩いてると…。

気づいてしまった。

カップラーメン食べる時の箸を忘れた事に…。

はぁ…。

もう嫌だ…。

仕方ない、箸になりそうな木を探す。

ナイフで削って煮沸すれば大丈夫でしょ?

とりあえず候補発見!



再び無になって歩いてると…。

現れた。

浅間山。

そう、今、私が登ってるのは浅間山ではなくその周りにある外輪山。



左上のところまで登りそこから一気に高度を下げやっと浅間山に登れます。

これが精神的に辛い。

はぁ~。

虚しいなって思いながら下向いて歩いてると…。

奇跡!!



なんと…。

新品の割り箸が落ちてる~

しかも爪楊枝入り←どーでもよい。

なんで?

偶然過ぎない?笑

もちろん頂きました。

ついてる~

元気も出てポイントであるドーミの頭に到着。

何故、この呼び名なのかは知らない。

まぁ~ここのから見る景色が素敵で…。



目の前にどーん!

そして北に連なる浅間外輪山の尾根。



ダイナミックな景色に元気をもらう。

浅間山withおじちゃん



何本かの杭が埋め込んである。



雷をここに誘導するのか?

っさ、ここから恐怖の草滑り。

一気に300メートル降下して行きます。

そしてカルデラに入り浅間山に登れます。



これも写真じゃよくわかんないけどとにかく急なんですわ。


笹原の急斜面をジグザグに降りて行きます。



足踏み外したら底まで一気に笹原を滑落です。

まさに草すべり。

浅間山に登った後に、帰りに登り返すのかと思うと嫌になる…笑

草すべり途中からさっきまでいたドーミの頭を振り返る。



あんなとこ居たんだ。

あれ?

またiPhoneのカメラおかしくない?

フレアが写り込んでる…。

っまいっか?

永遠と下り恐怖の草すべり踏破!



中央のくぼんだらへんから降りてきました~。

出発して2時間



湯の平口に到着。



浅間山に向かうがトイレに行きたいので火山館に立ち寄る。

なかなか綺麗なトイレ。



うわ、やっべ…。

お金1円も持ってきてないや…。

ごめんなさい。

今日はダメね。

忘れ物ばっかで…。

トイレも山にしては綺麗。



こちらは管理人さん

ここに寝泊まりしてるのかな?



休憩したとこで来た道を戻り浅間山山頂を目指します。

しばらくカルデラ内の唐松林を歩くとまた分岐点がある。



どうやら火口より1.5キロのところらしい。

うっそ~ん。

前触れなく噴火するの?

まぁ~今日はないだろう。

そう思ってみな登ってます笑



20分くらい樹林帯を歩きそこを抜けると目の前に再び浅間山。

浅間山のコニーデはすぐそこです。

って思ったが全然…。

果てし無く遠かった…。

何時ものごとく、ガラスの足首が悲鳴を上げる。

それをかばおうとしたのか股関節の付け根の筋が痛い…。

痛い…。

痛い。

こんな時は!



大好きなロキソニン。

ん~。

全然効かない。



も~どこまで歩けばいいの??



10歩歩いては休みの繰り返し。

富士山の悪夢再び…。

私のアドレナリンどこいった?

火山礫のもろい岩、爆発で飛んできたと思われるたくさんの石を乗り越え、ひたすら登る。

振り返ると、カルデラの向こうにさっき越えてきた外側の外輪山が屏風のように立ちはだかる。



さっき下ってきた草すべりは向かって一番左のポコっとしたところ。

あんなとこから降りてきたのか…。

そして帰りもあそこを登らなきゃ行けないのか…。

って思うともう自信がなくなってきた。

久しぶりに心が折れかかってる。

ただ毎回、毎回、そんな心を支えてくれるのは登った人にしか味わえないこの景色。



この外輪山の眺めと遥か遠くにそびえ立つ北アルプス連峰の眺めに息をつく。

そしてもうひとつ、心を支えてくれるのはこれ!



あと少してそれらしいところに着く~

頑張れ!

あら?

ロキソニンが効いたのか?

それともアドレナリンが放出されたのか?

足の痛みが和らいでる。

ここぞとばかりにペースアップ。

はい。

浅間山の本山である釜山(噴火中)と、内側の外輪山である前掛山との分岐に到着。



本当は浅間山山頂がゴールなんだけど立入り禁止エリアになっているので禁止エリアになっていないところで一番高い前掛山ってとこがゴールです。

しかし、立ち入り禁止にもかかわらず、約1割の登山者は規制ロープを越えて、山頂に向かって行ってました。



せっかくだから山頂に行きたい、火口を見たい、と言う気持ちもわからなくはないが、万が一を考えるとねー。。。

ルールはちゃんと守らなきゃね。

ガスに巻かれて動けなくなって死ぬよ。

マジで…。

小心の私にはとてもじゃないけどできません。

そんでいろんな人に迷惑かかるんだから…。

っま、自己責任だからどーでもいいけどね。

っさ、私は残り1キロ!

ウイニングロードに差し掛かります!

↑勝手に命名。



左端らへんがゴール!

あと少し!!

って思ったけどブログ長くなりすぎたのでここまで。

久しぶりの山行です。

こんばんわ~。

久しぶりのブログ更新です。

やっと山に行くことができます。

実に1ヶ月ぶりの山行でございます。

今回は群馬と長野の県境にあります浅間山に登ってきます。

本日は何時ものごとく、PAで車内泊をし明日、朝一番で登ってきます。

朝、荷物を積んで仕事終わったらそのまま出発って思ったけどハイドレーション忘れちゃって。

っあ、水入れるやつね。

なくてもいいんだけどないとテンション下がるから取りに帰りましたとさ。

帰る時、車のワイパーが上がってた。

はい。

イタズラです…。

っあ、犯人は分かってます…。

たまにリアワイパーが立っててあせる。

2.3日気づかない時あるからね笑

そんなワイパーにとんぼが…

適当に撮った写真がいい感じに。



あ、そうだ…。

ワイパー変えなきゃいけないんだ…。

日曜日、オートバックスに行ってこよう!

そーしよう。

家に戻り忘れ物を持ち近くのスーパーで買い物。

やばし…。

お財布にお金入ってない…笑



げー

300円もないかも…。

ガソリン代と高速代だけなので問題ないでしょう!

あれば使っちゃうのでこれで行きましょう!

いざとなったら魔法のカードで!

さっそく、スーパーで魔法のカード使いましたけどね笑

っさ、準備できたとこで出発!



高速で一気に佐久平まで行きます。

ちょうど1週間前、滋賀に行くのに通ったな。

なんか虚しい…。

そしてもしかすると来週、御嶽山にいく予定だから3週連チャン~

ん~。

非常に虚しい。

わ~。

高速貧乏だわ…。

困ったのう…。


よく、周りの人にタフだね~って言われるけど…。

そんな事ない。

やりたい事を今たくさんやってるだけ。

毎日、毎日、山登ってるならタフだなって思うけど平日は仕事だから休んでるようなもん。

あ、体がね…笑

とにかくいろんな経験がしたいんだわ。


話は戻り、真岡を出発して2時間弱、目的地の佐久平PAに着いた。

なんにもない~。

しょぼいのね…。

トラックは何台もいる。

普通車も何台か車内泊ぽいのがいる。

っま、寝るだけだからいいや。

いや~、もうね…。

フリードスパイクにしてからやばいね。

あっちこっち行きまくりで。

車内泊が超快適なんだわ。

下手すると家のベットより寝心地いいかも笑

しかもこの時期、暑くもなく寒くもなく。さいこう!

ゼストだとね車内泊はきつかったからどうも車内泊して、どっか行こうって気になれなかった。

それでもやっぱキャンピングカー欲しいな…。

欲しいものリストに追加だな。

っさ、明日は4時に起きますかね。

ここから登山口まで車で40分

あー登れるかしら。

熊でてこないかしら?

不安…。

とりあえず癒されて来ます。
プロフィール

らくだ23

Author:らくだ23
一人が好きで独りが嫌いです。

お酒を飲むと斑点がでます。

笑っちゃいけないときにわらっちゃます。

耳栓がないと寝れません。

いつもなんとかなると思ってます。

高所恐怖症です。

寝るときはうつぶせです。

すぐ、体調が悪くなりトイレとお友達になっでしまいます。

やりたい事がいっぱいです。
死ぬまでにやりたい100の事(100超えてしまってます笑)

趣味:山登り、島巡り、一人旅
過去の旅

特技:ソフトボール
チームを作り今も続けています。
いっつめん




Instagram

Twitter
Instagram
Powered by 複眼RSS
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR